ドネイト

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ドネイト(Donate)は、Illusions of Grandeur戦場に出し寄付/Donate対戦相手に送り付けるコンボデッキ。特にアイスエイジ期のエクステンデッド環境での活躍が有名。2枚のキーカードの名をあわせて「イリュージョンズ・ドネイト」「ドネイト・イリュージョン」の名で呼ばれることもある。

目次

[編集] 概要


Donate / 寄付 (2)(青)
ソーサリー

プレイヤー1人と、あなたがコントロールするパーマネント1つを対象とする。そのプレイヤーは、そのパーマネントのコントロールを得る。



Illusions of Grandeur (3)(青)
エンチャント

累加アップキープ(2)(あなたのアップキープの開始時に、このパーマネントの上に経年(age)カウンターを1個置く。その後あなたがこの上に置かれている経年カウンター1個につきアップキープ・コストを1回支払わないかぎり、それを生け贄に捧げる。)
Illusions of Grandeurが戦場に出たとき、あなたは20点のライフを得る。
Illusions of Grandeurが戦場を離れたとき、あなたは20点のライフを失う。


Illusions of Grandeur対戦相手寄付/Donateして、戦場から離れたときの能力で20点のライフ失わせて勝利する。そのまま放っておいてもIllusions of Grandeurの累加アップキープコスト支払いきれずに勝てるが、ごまかし/Hoodwinkなどのバウンス紅蓮破/Pyroblastなどで除去して即座に勝利を狙うものもある。

たった2枚のキーカードコンボが成立するため、Illusions of Grandeurがローテーション落ちするまで形は変われど常にエクステンデッドメタゲームの一角を占め続けた。

初期のドネイトデッキは、ネクロポーテンス/Necropotenceによる高速ドローでキーカードを素早く引き当てる青黒タイプで、ネクロ・ドネイトの名で呼ばれる。ネクロポーテンス禁止後も、青単青赤トリックスとして環境に君臨し続けた。

  • 寄付とIllusions of Grandeur、そしてネクロポーテンスを含めてもかつてはカスレアとされていたカードばかりをキーカードとして構成されている。

[編集] 弱点

Illusions of Grandeurが戦場に出た直後のエンチャント破壊は(回復よりも失う方が先になるので)致命的である。また、コンボデッキの常として打ち消し翻弄する魔道士/Meddling Mageは弱点だが、それに加えて一度のコンボでライフ削り切れなくなるためにライフ回復手段も苦手とする。特に初期〜中期のドネイトデッキでは、メインにはドネイトコンボ以外にライフを削る手段を搭載していないことが殆どだったので、1点でもライフを増やされてしまうとそれだけで格段に厳しくなってしまう。

ドネイトに対して大きく有利を付けられるデッキとしてカウンタースリヴァーがあるが、これはコンボ阻害とスピードレースを両方挑めるクロック・パーミッションであるからということ以上に、給食スリヴァー/Victual Sliverによるライフゲインがあったからである。

ドネイトに対する対策が進んでくると、多くのビートダウンデッキにはスパイクの飼育係/Spike Feederなどの回復手段がメインデッキから搭載されるようになり、ドネイトもそれらに対する更なる対策として形を変えていった。→トリックス

[編集] 主なデッキ

[編集] 参考

QR Code.gif