相殺/Counterbalance

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Counterbalance / 相殺 (青)(青)
エンチャント

対戦相手が呪文を1つ唱えるたび、あなたは自分のライブラリーの一番上のカードを公開してもよい。そうした場合、その呪文の点数で見たマナ・コストが公開されたカードの点数で見たマナ・コストと等しいならば、その呪文を打ち消す。


ちょっと特殊な自動打ち消し。恒久的に使え、対戦相手のみに影響し、かつ呪文の種類を問わないのは他にエラヨウの本質/Erayo's Essenceのみ。エラヨウに比べ手間も少なく、早いターンから出せるので使いこなせば恐ろしい威力を発揮してくれるだろう。

問題点はその打ち消し条件。最悪毎ターン自分の次に引くカードがばれるだけに終わってしまうので、普通に使ったのではあまりにも博打が過ぎる。対戦相手が呪文を唱えた時点で「ライブラリーの一番上を公開する」能力スタックに乗るので、ライブラリーの一番上を操作できるカードと組み合わせるのが一番だろう。

パーミッションデッキに対しても高い効果が期待できる。呪文ではなく能力なので、ほとんどの打ち消し呪文では打ち消されない。カード・アドバンテージを失わずに打ち消し合戦を制することができる。

神河ブロック師範の占い独楽/Sensei's Divining Topが最高の相棒。ライブラリーを操作しつつ、低マナの呪文に対するソフトロック状態を作り出すことができる。コールドスナップの発売時期の問題で、相殺と師範の占い独楽の両カードの、スタンダードでの共闘期間が短かったことが残念であったが、引き続いて、師範の占い独楽が禁止カードに指定されるまでエクステンデッドで活躍し続けた。レガシーでも相殺コントロールから変形した青白奇跡コントロールに同コンボが採用されていたが、2017年4月24日付けで師範の占い独楽が禁止カードに指定されてしまった。その後の奇跡コントロールは先触れ/Portent採用型にシフトしており、単体では機能しないこのカードはほぼ姿を消してしまった。

  • 公開したカードはそのままライブラリーの一番上に残り続ける。次のカードがばれると共に、同じ点数で見たマナ・コストの呪文を打ち消し続ける。
  • 能力誘発するのは呪文が唱えられた時だが、カードを公開するのは能力の解決時であることに注意。つまり、対戦相手が唱えた呪文(のマナ・コスト)を見てから、ライブラリーの一番上のカードを合わせることが可能。
  • 土地分割カード点数で見たマナ・コストの扱いに注意。当該項目も参照。
  • ヴィンテージではお互いに0マナ・1マナの呪文が大量に含まれるケースが多いので、置くだけでもいい仕事をすることも。
  • これによって何度も打ち消されるとまさにやる気デストラクション。いくらライブラリー操作などで打ち消しのしやすいデッキ構成になっているとしても、対戦相手からすればただライブラリーの上を見せられただけで自分の呪文が打ち消されてはたまらない。
  • 「相殺」という名前の割りに、打ち消されるのは対戦相手だけであり、公開したカードも墓地へ置かれたりはしない。
  • 刹那持ちの呪文を打ち消す数少ない対抗策の1つである。これでクローサの掌握/Krosan Gripなんかを打ち消されたりすると泣くに泣けない。

[編集] 参考

QR Code.gif