マーフォーク

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マーフォーク/Merfolkは、クリーチャー・タイプの1つ。人魚・半魚人を表す。


Merfolk of the Pearl Trident / 真珠三叉矛の人魚 (青)
クリーチャー — マーフォーク(Merfolk)

1/1


Merfolk Looter / マーフォークの物あさり (1)(青)
クリーチャー — マーフォーク(Merfolk) ならず者(Rogue)

(T):カードを1枚引き、その後カードを1枚捨てる。

1/1


Lord of Atlantis / アトランティスの王 (青)(青)
クリーチャー — マーフォーク(Merfolk)

他のマーフォーク(Merfolk)・クリーチャーは+1/+1の修整を受けるとともに島渡りを持つ。(それらは、防御プレイヤーが島(Island)をコントロールしているかぎりブロックされない。)

2/2

リミテッド・エディションから存在し、ゾンビゴブリンと並びロードと共に登場した由緒正しいクリーチャー・タイプの1つ。しかしトーメントに収録されたラクァタス大使/Ambassador Laquatusを最後に新しいカードが作られず、部族がテーマであるオンスロート・ブロックではすっかりウィザードにとってかわられてしまった。これはR&Dが「マーフォークはマジックのイメージには合わない(陸上の生物が水中を生息圏としている生物と戦闘するのはおかしい)」と考えたためで、再びカードとして世に出ることはないとされていた(参考)。このため基本セットにおいても第8版第9版ではマーフォークは一切収録されていない。しかしユーザーの猛反発があり、時のらせん以降再びマーフォークが登場。ローウィン=シャドウムーア・ブロックイクサラン・ブロックでは主要部族として採用された。現在では再び特徴的クリーチャーと位置付けられている。

基本的に青かそれを含む多色に存在する。ローウィン・ブロックでは白単色シャドウムーア・ブロックでは単色、イクサラン・ブロックでは単色のマーフォークも登場した。

渡りなどの島を参照する効果を持っているものが多く存在する。

部族カードロードアトランティスの王/Lord of Atlantisメロウの騎兵/Merrow Reejereyマーフォークの君主/Merfolk Sovereign珊瑚兜の司令官/Coralhelm Commander真珠三叉矛の達人/Master of the Pearl Tridentマーフォークの霧縛り/Merfolk Mistbinder深根の精鋭/Deeproot Elite。ロード以外ではVodalian War Machine海のハンター/Seahunter高潮の急使/Tidal Courier凪魔道士の導師/Lullmage Mentorなどが存在する。

1/1のマーフォーク・トークン生成するカードとして凪魔道士の導師が、1/1のマーフォーク・ウィザード・トークンを生成するカードにベンティコア/Benthicore群れの召喚/Summon the School石ころ川の群れ長/Stonybrook Schoolmasterが、1/1の呪禁持ちのマーフォーク・トークンを生成するカードに深根の水域/Deeproot Waters水中からの侵略/Aquatic Incursionジャングル生まれの開拓者/Jungleborn Pioneerが存在する。

伝説のマーフォークはドミナリア現在、15体存在する(「伝説の(Legendary)・マーフォーク(Merfolk)」でWHISPER検索)。

[編集] ストーリー

社会性を持ち、比較的温和な種族なのか、マーフォークの統治する国は安定していることが多いようである。だが、その性情ゆえオデッセイ期にはセファリッドに支配されてしまった。

[編集] 主な地域

様々な次元/Planeでその姿を確認できる。

ドミナリア/Dominariaヴォーデイリア/Vodalia
サーペイディア/Sarpadia近海にあった帝国であり、元首は女帝ガリーナ/Empress Galina。ここのマーフォークたちは人間のような風貌のものと、半魚人のような風貌のものが確認されている。ただしサプラーツォのマーフォークたちとは違い、下半身は魚のままである。
初出はフォールン・エンパイアだが、ウェザーライト等にもこの名を冠するマーフォークが収録されている。
ラース/Rathルートウォーター/Rootwater
スカイシュラウド/Skyshroudの下に広がるこの水域に住まうマーフォークは特にモンスター的色彩が強いデザインであり、上に住むエルフ達と仲が悪い。
メルカディア/Mercadia:サプラーツォ/Saprazzo
尾びれを足に変化できる種族がいることが特徴。矢のごときマーフォーク/Darting Merfolkのような半魚人タイプから、波止場の用心棒/Waterfront Bouncerのような筋肉質の人間タイプなどバリエーションが豊富。
ローウィン/Lorwyn
この次元のマーフォークは「メロウ/Merrow」と呼ばれ、メロウ回廊と呼ばれる河川を使ってメッセンジャーや行商を行っている。話術に長け、ローウィン一の話し上手といわれている。
シャドウムーア/Shadowmoor
メロウ/Merrowは私利私欲に走る殺し屋と化し、汚染された水中を獲物を求めて徘徊する。その身勝手さと嫉妬心から、他の種族の持っている物なら何でも盗もうとしている。
イーブンタイドにおいては、「上半身は人間、下半身はセイウチ」という風貌をもつセルキー/Selkieが登場した。
ゼンディカー/Zendikar
この次元のマーフォークはゼンディカー一帯、特にタジーム/Tazeem大陸に多く生息している。生粋の冒険者であり、個別行動を好む。
海門/Sea Gate灯台/The Lighthouseはマーフォークの学者が管理しており、そこには失われた古代文明に関する巻物や地図が収められている。
人魚的容貌ではなく、水かきをもった脚で二足歩行する人型の生物としてデザインされている。
ラヴニカ/Ravnica
ラヴニカ・ブロック時点ではラヴニカに生息していないとされていたが、ラヴニカへの回帰ブロックで登場。
ディセンションより後のこと、ラヴニカ都市の辺境にゾノットと呼ばれる事になる幾つかの陥没口が開いた。そこにはかつて都市に覆われてしまった古代の海が姿を現し、そこに隠れ住んでいたマーフォーク達はラヴニカの都市へ進出した。
テーロス/Theros
この次元のマーフォークは「トリトン/Triton」と呼ばれる。水陸両生であり地上でも数日間は生きられるが、その後しばらくは鰓を水中で休めなければならない。
彼らは海のであるタッサ/Thassaを信仰しており、タッサをテーロスの最高神と捉え自分達の種族を海獣や地上の人間の支配する城塞都市を超えた存在に高めてくれると信じている。
城塞都市で人間達に混じって暮らす者も少なからずおり、海辺の歩哨や浴場で働くもの、デカティアで哲学者として教授する者さえいる。
イクサラン/Ixalan
この次元のマーフォークは「川守り/The River Heralds」と称し、イクサラン大陸の湿地地帯を領土としている。海ではなく川を根城としており、川辺であればしばらくの間地上で過ごすこともできる。
数世紀にわたり川守りは人間恐竜太陽帝国/The Sun Empireと敵対とも同盟とも言えない緊張状態を維持してきたが、最近は鉄面連合/The Brazen Coalition海賊たちと薄暮の軍団/The Legion of Dusk吸血鬼/Vampireにより均衡が崩れ、四つ巴の戦争状態に突入しつつある。

[編集] 参考

QR Code.gif