袖の下/Bribery

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Bribery / 袖の下 (3)(青)(青)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーのライブラリーから、クリーチャー・カードを1枚探し、それをあなたのコントロール下で戦場に出す。その後そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。


対戦相手ライブラリーから直接クリーチャーを奪う、変則的なコントロール奪取呪文。5マナ重いが、戦場に出ると厄介なクリーチャーに未然に対処できる点は魅力。プロテクション被覆呪禁パーマネント状態でしか意味を成さないため、それらを突破してコントロールを奪うことができる。

戦場の状態に関係なく、対戦相手の最上のクリーチャーを奪えるため、後手に回るコントロール奪取よりアグレッシブな効果である。例えば相手がパーミッションであるなら、打ち消しの体制が整う前に早々に撃ってフィニッシャーを奪いに行く事ができる。その反面、一般的なコントロール奪取の様な、相手の戦場のクリーチャーを失わせつつ自分がそれを得るという単純にカード・アドバンテージを得られる効果では無いため、初出時はフリースペルでもある不実/Treacheryに比べて軽視された。

マナ加速ないしマナ・コストの踏み倒しを前提とした「出たら勝ち」級のクリーチャーを奪うと笑いが止まらない。第8版当時ではダークスティールの巨像/Darksteel Colossusがその代表格だったが、近年ではさらに強力な、例えば引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Tornグリセルブランド/Griselbrandなどいくつも登場している。

第8版時代のスタンダードでは、例えば夜の星、黒瘴/Kokusho, the Evening Starを利用する相手に対しては「5マナの黒瘴」として機能するため、青系コントロールのサイドボードにしばしば採用された。

モダンでも、12postのエムラクール等の逆利用を狙ってしばしば投入された。このカードの対策として子守り大トカゲ/Brooding Saurianが用いられることもあったほど。しかし現在は雲上の座/Cloudpostの禁止も含めた環境の変化により、採用は稀である。

[編集] 亜種

[編集] 参考

QR Code.gif