雲上の座/Cloudpost

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cloudpost / 雲上の座
土地 — 神座(Locus)

雲上の座はタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに、戦場に出ている神座(Locus)1つにつき(◇)を加える。


神座の数だけ無色マナが出る土地

似た能力をもつウルザランドとしばしば比較される。ウルザランドの方が理論上は揃いやすく小回りが効いて使いやすいが、それだけで12枚ものスロットを取られてしまうのが難点。こちらはその空いた枠に、色マナが出る土地を入れられる利点がある。

対戦相手コントロールする神座の数も参照する点も、ウルザランドとの大きな違いである。相手の方が枚数が多いなどといった場合は、迂闊に出せない。ミラーマッチでは注意が必要。

このカードによるマナ加速をコンセプトに据えたデッキ12postである。ウルザランド3種3枚で7マナなのに対して、これ3枚で9マナが出る。タップ状態で戦場に出るデメリットがあるが、爆発力はウルザトロン以上だといえる。また、時のらせん発売後のエクステンデッドでは、ヴェズーヴァ/Vesuva4枚を加えた8postというコントロールデッキが活躍した。

2枚揃うだけでも結構効果的なので、「上手く揃ったらラッキー」程度の感覚でコントロールデッキに使用される場合もあった(→白コントロールトイソルジャー)。

4ターン目に15点ものマナを生み出せるデッキの存在が環境の多様性を狭めるとして、2011年10月1日(9月20日告知)よりモダン禁止カードに指定される。Pauperにおいても、フリースペルとの組み合わせによって大量マナを生み出せることが問題視され、2013年10月2日(9月16日告知)より禁止カードに指定される(参考)。

[編集] 参考

QR Code.gif