忘却蒔き/Oblivion Sower

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Oblivion Sower / 忘却蒔き (6)
クリーチャー — エルドラージ(Eldrazi)

あなたが忘却蒔きを唱えたとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上から4枚のカードを追放する。その後、あなたは追放領域からそのプレイヤーがオーナーである土地カードを、望む枚数あなたのコントロール下で戦場に出してもよい。

5/8

唱えたときに、ライブラリー追放すると同時に追放済みの対戦相手土地カードを奪うエルドラージ

上から4枚だけなので単体では確実性に欠けるが、唱えた時点で誘発することから打ち消されても能力が機能するため、妨害を受けづらいマナ加速として扱える。通常ならば6マナからさらに加速する必要性はあまりないし、必要な色マナが手に入るかが不確実なのも不安要素となるものなのだが、戦乱のゼンディカー・ブロックに多数存在する無色重量級エルドラージを多用するデッキならば話は別。うまくすれば絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hungerなどまで一気にジャンプアップできる爆発力を秘めている。

対戦相手のデッキ配分にも依るが、一般的なデッキならば自身の4枚追放だけでも1~2枚の土地加速が期待できる。さらに確実性・爆発力を上げたいならばあらかじめ嚥下などで下準備をしておくとよいだろう。登場時のスタンダードには探査呪文が存在しており、それに対するメタカードとしても機能する。

またこれ自身も戦場では実質バニラとはいえ水準以上のサイズであり、十分に戦力になる。対戦相手としては、この後に続くフィニッシャー除去を温存しつつこれの相手をしなければならず、厄介極まりないだろう。

スタンダードではエルドラージランプでしばしば採用される。とはいえスタンダードのマナ加速としては同マナに3マナ加速出来るニッサの復興/Nissa's Renewal、また4マナにも2マナ加速できる爆発的植生/Explosive Vegetation面晶体の記録庫/Hedron Archiveがあるため、採用率はあまり高くない。それ以外では、エメリアへの撤退/Retreat to Emeriaを採用するバント・トークンサイドボードに採用されることがある。

モダンでは黒単エルドラージの主力の1つ。スタンダード以上にフェッチランドが多用される上に墓地を追放する手段が豊富であり、ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmothによって色が合わないフェッチランドからでもマナを出せるため、殆どの場合4枚積みされていた。ゲートウォッチの誓い参入後はよりアグロに寄せたタイプが主流となったため影が薄くなったが、そういったデッキでもサイドボードに採用されることがある。

[編集] 参考

QR Code.gif