マナ・コストの無いカード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マナ・コストの無いカードは文字通りマナ・コストが存在しないカードのこと。


Evermind / 常在精神
〔青〕 インスタント — 秘儀(Arcane)

(存在しないマナ・コストは支払えない。)
カードを1枚引く。
連繋(秘儀(Arcane))(1)(青)(あなたが秘儀呪文を唱えるに際し、あなたはこのカードを手札から公開して連繋コストを支払ってもよい。そうした場合、このカードの効果をその呪文に追加する。)



Lotus Bloom / 睡蓮の花
アーティファクト

待機3 ― (0)(このカードをあなたの手札から唱えるのではなく、(0)を支払うとともにそれを時間(time)カウンターが3個置かれた状態で追放する。あなたのアップキープの開始時に、時間カウンターを1個取り除く。最後の1個を取り除いたとき、それをそのマナ・コストを支払うことなく唱える。)
(T),睡蓮の花を生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ3点を加える。


[編集] 解説

土地カードが代表的だが、それ以外にもマナ・コストが表記されていないカードがある。また、変異により裏向きになっているカードや、両面カード第2面もマナ・コストを持たない。カードではないが、コピーでないトークンもマナ・コストを持たない。

これはマナ・コストが(0)であることとは根本的に異なる。マナ・コストが(0)のカードには「(0)というマナ・コストが存在する」。

  • マナ・コストの無いカードの点数で見たマナ・コストは未定義値のルール(CR:107.2)により0として扱う。ただし、両面カードの第2面の点数で見たマナ・コストを参照する際は、その第1面のマナ・コストに基づいた値を参照する(CR:711.4b)。

[編集] ルール

存在しないマナ・コストは、支払うことができないコストである。

[編集] 旧ルール

常在精神/Evermind登場当時では、「マナ・コストがないカードは呪文として唱えられない」と定義されていた。

  • 現在のルールになったのは時のらせん発売時。この変更は、待機を持つカードの中にマナ・コストの無いカードが存在するために行われた。マナ・コストが無く唱えられないのに、待機により唱えられるということは矛盾していたためである。
  • 呪文として唱えられないだけなので、それが土地ならば土地としてプレイできる。これについては現在と同じ。
  • 「マナ・コストを支払わずに唱えてもよい」などの代替コストや、三なる宝球/Trinisphereなどのコスト変更効果が適用される状況でも、唱えることを宣言すること自体ができないため、代替コストは支払えなかった。
  • 等時の王笏/Isochron Scepterにこれを刻印しコピーする所までは可能だが、コピーはマナ・コストを持たないので唱えられなかった。すなわち、刻印しても何の意味もなかった。

[編集] マナ・コストの無い呪文

カード・タイプと色、使う方法を併記。土地第2面はこのリストには含まれない。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0


QR Code.gif