歴伝

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
歴伝/Epic
種別 呪文能力
遅延誘発型能力
登場セット 神河救済
CR CR:702.50

歴伝(れきでん)/Epicは、神河救済で登場したキーワード能力。2つの呪文能力からなり、一方は遅延誘発型能力を生成する。


Enduring Ideal / 不朽の理想 (5)(白)(白)
ソーサリー

あなたのライブラリーからエンチャント・カードを1枚探し、そのカードを戦場に出し、その後ライブラリーを切り直す。
歴伝(ゲームの残りの間、あなたは呪文を唱えられない。あなたの各アップキープの開始時に、その歴伝能力を除き、この呪文をコピーする。)


[編集] 定義

歴伝/Epicは以下の2つの能力からなる。

  • 残りのゲームの間、あなた呪文唱えられない。(呪文能力)
  • あなたの各アップキープの開始時に、この呪文を歴伝能力を除いてコピーする。その呪文が対象をとる場合、あなたはその呪文の新しい対象を選んでもよい。(呪文能力による遅延誘発型能力)

[編集] 解説

ゲームの終了まで呪文を唱えることを禁じることと引き換えに、アップキープごとにその歴伝呪文のコピーが発生する。

神河ブロックのテーマである「伝説」から「伝説の呪文インスタントまたはソーサリー)」を表現した能力である。

[編集] ルール

  • この能力によりコピーされた呪文は歴伝能力を持たない。これは、コピーの数が毎ターン増えていくことを避けるためである。
  • 歴伝を持つ呪文を複数唱えたり(ヴィダルケンの宇宙儀/Vedalken Orreryなどで可能)、歴伝を持つ状態の呪文をコピーしたりすれば、アップキープの開始時にそれぞれが誘発する。
  • 歴伝能力によるコピーも呪文であるため、打ち消すことができる。ただし、このコピーを打ち消したとしても、次のアップキープ以降再びコピーが作られる。
  • 能力起動は禁止されない。
  • コピーする時点でコピー元の歴伝呪文は存在していないが、最後の情報を参照してコピーする。そのため、何らかの理由でコピー元の歴伝呪文のコピー可能な値に変化が生じていた場合、それは歴伝によるコピーにも継承される。
  • 歴伝のコピーの対象を選びなおさないことも適正である。その場合、唱えた時と同じ対象を取り、それが不適正なら打ち消される。

[編集] その他

[編集] 歴伝カード一覧

神河救済歴伝呪文サイクル。全てソーサリーで、いずれのカード名も「永劫」に類する意味の語を含む。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20210922.1

QR Code.gif