タップイン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

タップイン(Comes into Play Tapped/CiPT)とは、パーマネントタップ状態で戦場に出ること。またそのタップ状態で戦場に出るパーマネントのこと。

[編集] 概要


Coastal Tower / 沿岸の塔
土地

沿岸の塔はタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(白)か(青)を加える。



Fire Diamond / 緋色のダイアモンド (2)
アーティファクト

緋色のダイアモンドはタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(赤)を加える。



Diregraf Ghoul / 戦墓のグール (黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie)

戦墓のグールはタップ状態で戦場に出る。

2/2

主に色マナが出る基本でない土地が、基本土地上位互換にならないようにデメリットとしてつけられている。また軽いマナ・アーティファクトの中には、それがマナ加速として強力になりすぎないよう、タップインで戦場に出るものがある(ダイアモンドなど)。他にも、Jester's Maskネビニラルの円盤/Nevinyrral's Diskのように、即座に能力を起動できないようにしたのもある。

クリーチャーは元から召喚酔いという行動に関しての制限があるため、タップインのものは少なく、現在でもごく少数しか存在しない。出した次の対戦相手のターンにブロックに参加できないように設定してある場合とアンタップに条件がありそれをさらに厳しいものにするための能力の2つに大別される。

また、宿命/Kismetのように、対戦相手への妨害手段としてタップインを強要するカードもいくつか作られている。上記検索結果のうちロクソドンの門番/Loxodon Gatekeeper威圧する君主/Imposing Sovereignなどはその種の能力を持つカードであり、自身はタップインではない。

[編集] 参考

QR Code.gif