原初の嵐、エターリ/Etali, Primal Storm

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Etali, Primal Storm / 原初の嵐、エターリ (4)(赤)(赤)
伝説のクリーチャー — エルダー(Elder) 恐竜(Dinosaur)

原初の嵐、エターリが攻撃するたび、各プレイヤーのライブラリーの一番上のカードを追放する。その後あなたは、これにより追放されていて土地でない望む枚数のカードを、それらのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。

6/6

エルダー恐竜は、強化版の衝動的ドロー攻撃するたびに全プレイヤーライブラリーの一番上カード追放し、マナ・コストを踏み倒して唱えられる。

土地がめくれるとプレイできないのは欠点だが、ただ攻撃するだけで2枚分のカード・アドバンテージおよびそれを唱えるのに必要なテンポ・アドバンテージを得られるのは破格の一言。積み込み手段があれば狙ったカードを踏み倒すことも容易。自然に仕える者、ニッサ/Nissa, Steward of Elementsなどと合わせてランプ戦略に組み込むのも一興か。他にも対戦相手のライブラリーの一番上が探検などで公開されている場合なども狙い目。プレイヤーが増えれば増えるほど強力になり、統率者戦などの多人数戦では凄まじい力を発揮する。

構築で使うには、除去耐性戦闘向けの能力を一切持たないファッティであり、動く前に対処されやすいのが難点。幸い恐竜には速攻を持たせる手段が複数あるため、それを活かしたいところ。疑似的なマナ加速と速攻付与を同時に行ってくれるオテペクの猟匠/Otepec Huntmasterなどはも合うため特に相性がよい。ただし、点数で見たマナ・コストが同じ恐竜の対抗馬としては、除去耐性とトランプルを持つ殺戮の暴君/Carnage Tyrantや、劣勢を覆す能力の高い原初の死、テジマク/Tetzimoc, Primal Deathなど、より計算しやすい戦力がいる。こちらは単色で使える点や、高速召喚した際の爆発力で対抗する形になるか。

リミテッドでは単純に6/6というサイズが落とされづらく、サイクルのエルダー・恐竜たちと同様、動けばほぼ勝ちのボムレア

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イクサランの相克エルダー恐竜サイクル。いずれも伝説のクリーチャーレアの各に1枚ずつ存在するほか、多色にも神話レア原初の災厄、ザカマ/Zacama, Primal Calamityが存在する。

イクサランを補完するために、イクサランの相克では主要四大部族を強化するカードを収録する必要性があった。その内恐竜について、各陣営ごとに設定された固有色の縛りを曲げる、メガサウルス/Megasaursという巨大恐竜のサイクルが提唱された。陣営を成立させるためのそれに例外を設ける事への懸念や抵抗もあったが、クリエイティブ・チームはそれらをエルダー・恐竜にするというアイデアを返し、議論の末収録の運びとなった(The Arrival of Rivals/『イクサランの相克』の時刻)。

[編集] 開発秘話

赤のエルダー・恐竜の能力として、直接火力は実用的だが、従来のカードでよく見られる変わり映えのしない効果であるため避けられた。赤のカラーパイである混沌性(未知性)を掘り下げた結果、ライブラリーの一番上を追放した上で、マナ・コストそのものも踏み倒せる「超衝動的ドロー/super-impulsive draw」が与えられた[1]

[編集] ストーリー

エターリ/Etaliは、オラーズカ/Orazcaとともに長い眠りについていた古の恐竜の1体。背中の帆と細長い顎が特徴(イラスト)。赤マナと、嵐の終わりなき怒りの体現である。

[編集] 登場記事

[編集] 脚注

  1. Rivals No Other Part 1/他ならぬ『相克』 その1(Making Magic 2018年1月8日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif