ウルザズ・デスティニー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
ウルザズ・デスティニー/Urza's Destiny
シンボル 三角フラスコ
略号 UD, UDS
コードネーム Chimichanga
発売日 1999年6月23日
MO:2011年4月11日
セット枚数 全143種類

ウルザズ・デスティニー/Urza's Destinyは、ウルザ・ブロックの2番目の小型エキスパンション。1999年6月23日に発売された。意味は「ウルザの運命」。

目次

[編集] 概要

レガシー/Legacyを制御する人間を作り出す血統計画/Bloodline Projectが語られる。

非常に強力なウルザ・ブロックの、それも最後のセットだけあって、強力なカードのオンパレードであった。火薬樽/Powder Kegマスティコア/Masticoreは、を選ばない強力なクリーチャー除去として活躍した。また、ヨーグモスの取り引き/Yawgmoth's Bargain寄付/Donate補充/Replenishなども登場し、強力なコンボデッキを多数生み出すことになった。

その他、成長エンチャントオーラ版や、墓地に置かれると効果が得られるクリーチャー、ロボトミー/Lobotomy系呪文、手札公開するカードなどが登場した。

[編集] テーマデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Mark Rosewater (lead)
デベロップ・チーム Mike Elliott (lead)
William Jockusch
Charlie Keldono
Paul Peterson
Bill Rose
Henry Stern
アート・ディレクター Ron Spears

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif