デュエルファイター刃

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

デュエルファイター刃とは、まだホビージャパンマジックを日本でさばいていた頃、月刊RPGマガジン及び月刊ゲームぎゃざにて連載していたマジックの漫画。作者は中村哲也氏。略して「DF刃」と表記されることがある。

全七巻完結。RPGマガジン85号(1997年5月号)にて連載開始。RPGマガジンが112号(1999年8月号)で廃刊した後は、後続誌であるゲームぎゃざ1号(1999年9月号)に継続連載し、同誌42号(2003年2月号)にて連載終了。

目次

[編集] 解説

主人公、竜ヶ崎刃(りゅうがさき じん)がマジックを立体化(ヴァーチャル・リアリティ化)したゲーム「プレインズウォーカー」の中で仲間たちと繰り広げる、戦い(デュエル)とキャラクターとの関わり合いを描いた作品。時にシリアス、時に笑いがでるような今引きなどの展開や、個性豊かなキャラクターが数多く登場する。

また、使用されたカードには簡単な解説が付記されており、一部の対戦については掲載誌や単行本に解説のコラム・ページが設けられた。単行本の一部には入門者向けのコラムやカード・リストも掲載されており、初心者に対する入門書としての役割も担っていたと言えるだろう。

当時マジックを先駆的かつ大々的に取り扱い、数少ない情報誌として独占的な位置を有していたゲームぎゃざに掲載された漫画だけあって、日本のカジュアルなマジックの文化面に少なからず影響を及ぼした一作。またマジック以外のカードゲーマーでも読んでいる人は少なくなかった(後々に総合カードゲーム雑誌のようになっていたが、当時のゲームぎゃざはその名前のとおりマジックとその他のカードゲームを取り扱った雑誌だった)。

月刊という厳しいペース、月刊ぎゃざという非漫画雑誌の紙面において、非常に良く頑張った作品。月刊という都合上、三話書いたら次のエキスパンションが出てしまう中で、キャラクターの個性とストーリーの展開で魅せる手法をとった。終盤、直接マジックのゲームに関係する部分がほとんど無くなってしまったのが残念とも言われるが、ストーリーをまとめるために仕方が無かった部分もあるだろう。

  • 前述したように、数多くのカジュアルプレイヤーを魅了したことで有名。
    • 今引きをそのままキャラクターにした八乗寺舞は、暗黒の儀式/Dark Ritualからスタートして厳かなモノリス/Grim Monolithを4枚出し、ファイレクシアの巨像/Phyrexian Colossusを1ターン目に召喚した。しかもそのあと、当然のごとく通電式キー/Voltaic Keyを出している。(初手で沼以外のキーカード6枚を揃える確率は1/3128991.25)
    • 刃のライバルである緋沼晶も引きが凄く、初手の7枚で必要な6枚のカードを全て揃え、ミニオンシュートによる1ターンキルを決めたのだ。(初手で沼以外のキーカード5枚を揃える確率は1/5333)
      • そんな晶が後に言った台詞が「この俺を運に頼る奴が勝てると思うな!」。全国の読者が「お前が言うな!」と総ツッコミを入れた。
    • このように今引きを連発するキャラクターが多くいること自体が物語上重要な伏線となっており、またその理由も一応の説明がなされている。
  • この漫画には、カード名マジック用語から名前が付けられたキャラクターも多い。主要なキャラでは世良円(セラエン→セラの天使/Serra Angel)、瀬石櫻(精神錯乱/Mind Twist)など。
  • サーボの命令/Tsabo's Decreeプレイ宣言時の詠唱で「滅びよマーフォーク、これはサーボの命令なり」と宣言した。偶然にも数年経ってマーフォークはマジックから一時的とはいえ滅びてしまった。
  • 蝕み/Undermineを使用された相手プレイヤーの悶えっぷりがあまりに印象的で、翌月の読者コーナーには「蝕みがあんなにエッチな呪文だったなんて!」という投稿がちらほらあった。
  • 世界編の登場人物を読者から募集したり、世界選手権99のサブイベントで出演権を獲得した人が登場したりと、遊び要素も随所に見受けられた。
    • RPGマガジン101号(1998年9月号)で登場人物の募集が行なわれ、計30名のキャラクターが採用されている。
      • 金澤尚子氏のキャラクターであるレミィもイギリス代表に採用され、本編で日本チームと対戦した。勝敗のつき方も実にレミィらしかった。
      • 他にも、中村氏と交流があったり当時RPGマガジンで活躍していたりしたライターのキャラクターが多く採用されている。例えばみかき未果子(現:みかきみかこ)氏のピーター=ゴドウィン(アメリカ)や寺田とものり氏のイザベラ=セルバンテス(スペイン)、C-SHOW氏のアレクセイ=V=カリーニン(ロシア)など。
    • 登場人物の人気投票も2回開催されている。1回目は八乗寺舞が、2回目は竜ヶ崎刃がそれぞれ1位になっている。
  • 呪文に英語読みでカタカナのルビが振られているのも特徴(例:抹消(オブリタレイト))で、これで発音を覚えた人も多いだろう。
  • 単行本による加筆で、つじつまを合わせた場面(対古門守戦)もあるが、逆におかしくなった場面(対火事場力戦)もある。

[編集] 主な登場人物

竜ヶ崎刃(りゅうがさき じん)
12歳(12/23生まれ)。主人公。負けん気が強いマジック大好き少年。周りを考えずに行動するところがあり、しばしば誤解を生む。すぐに熱くなる性格で、荒削りながらも強力な赤緑デッキを使い、まだ見ぬ強敵を求めて渋谷DCIジャパントーナメントセンターに通う。
世良円(せら まどか)/Jester Serra
13歳(4/29生まれ)。刃の幼馴染。何時までたっても無鉄砲振りが治らない刃が心配。マジックは、刃たちが遊んでいるのを見ているのが殆どだったが、ある事件がきっかけで……。
泉俊(いずみ しゅん)
13歳(5/14生まれ)。ポエ~ッとしていてつかみ所が無いが、物事に動じない冷静さを併せ持つ。刃の同級生であり理解者であり犠牲者。マジックに関する智識は刃を上回り、高度な青白デッキをそつなく使いこなす。最終的には舞とくっつく。二人の弟(ゼン、レン)、両親共に顔が瓜二つ。
八乗寺舞(はちじょうじ まい)
9歳(1/1生まれ)。お嬢様の3大要素を併せ持つ大財閥・八乗寺グループ会長の孫娘なのだ! 望むとおりのドローを行える今引き能力者なのだ! 根が素直なため皆に愛されているのだ!
火事場力(かじば りき)
15歳(6/1生まれ)。少年離れした堂々たる体躯の持ち主。マジックを「勝負事」として純粋に楽しむタイプで、関西でも屈指の強豪。年齢的にも人格的にも仲間達の纏め役だったが、仮想世界に入るために必要な「PW適正」が下がり引退。
瀬石櫻(せいし さくら)
14歳(8/30生まれ)。いつもは優しくて愉快な、神戸のナイスバディな御ねぇ様。でも切れると怖い。マジックでは力に並ぶ実力派で、柔軟なプレイングを得意とする。また、英語に堪能。俊との対戦を期に、青にも手を出す。
緋沼晶
13~14歳? 刃の好敵手。日米両国籍のPWテストプレイヤー。米名アキラ=ハイファン。人と馴れ合うことを嫌い、勝つ事と、そのプロセスに執着する。ブラスとの関係は、刃たちのそれとは明らかに違うが……。
ブラス(Brass)
20代半ば? 本名を初め、その正体の一切が謎に包まれている。新世代ヴァーチャルゲーム"Planes Walker"の開発責任者。果たして彼の真の目的は……?
古門守(こもん まもる)
11歳? おどおどした眼鏡っ子の少年。コモンカードのみで組み上げられた「コモンデッキ」を引っさげ、予撰キャラバンから勝ちあがり全日本ジュニア・トーナメント出場を決めた。全日本では、初戦で刃と対戦するが、勝利を目の前にしながら惜しくも敗れ去る。広範な知識を持ち、日本代表チームでは薫に次ぐ頭脳的役割。マイには一度敗北しており、なぜか逆らえない。
フェルプゥ(Whelpue)
ぴっ(15歳以下?なの。) ぴ~(着ぐるみだけの登場で中身は秘密なの。) ぴっ(これでも男の子なの。) ぴ~っ(日本ジュニア・ランキング5位なの。(世界戦時ではTOP10外で代表漏れの為、観戦のみ))
天草薫(あまくさ かおる)
14歳? 日本ジュニア・ランキング第1位の超強豪。青系のテクニカルなデッキを愛用し、プレイングの「美しさ」にこだわりを持つナルシスト。全日本ジュニア・トーナメント準々決勝で、彼を「美しく」破ったまどかに一目ぼれしてしまう。
星弥生(ほし やよい)
間延びした話し方とおっとりした態度でデュエルの緊張感を吹き飛ばすが、マジックの腕は確かな強豪。『猫たちの女帝』と呼ばれる通り、猫をこよなく愛する。
アーシュラ=ハイファン
12歳? 晶の義理の妹。アジア系米国人。アメリカにおける初期のPWテスト・プレイヤーの1人。しかしテスト中の事故で…。
クリス=クリスチャン
12歳。アメリカ・ジュニアの新鋭。ハイファン兄妹の友人。PWテスト中の事故以来、晶を憎むようになるが…。
サラ=マクロード
13歳。晶、クリスらと共に、アメリカにおける初期のPWテスト・プレイヤーの1人。ハイファン兄妹の友人。
ターニャ=V(ヴェー)=カリーニン
12歳? ロシア・チームの少女。ドイツのテオドールに絡まれていたところを助けた刃に積極的求愛を行う。ロシア・チームは、その全員が旧ソ連の天才養成機関で育てられた孤児であり、兄弟姉妹(きょうだい)である。
嵯峨(さが)V.J.
ブラスの部下で、日本チーム統括者。ブラスの過去を知っているようだが…?
  • 彼女の名の漢字表記は一度だけ、胸の名札で確認できる。彼女に限ったことではなく、本作の登場人物はカタカナで書かれることが多い。
ユルグ=スヴァンニ(Ylgr Svanni)
フィンランドの強豪プレイヤー。ロシアチームから雇われコーチとして参加、とのことだが…

[編集] 主な登場人物(全日本ジュニアトーナメント編)

注:トーナメント枠の順。

出場枠 キャラクター名 使用デッキ 対戦内容
DCIJrランキング3位 火事場力 :1回戦
:2回戦
初戦を順当に勝ち進み、2回戦で刃と対決。ライフが1対2のところで黙示録/Apocalypseで引き勝負に持ち込むも、土地しか引かない間に山を引かれていかづち/Thunderboltで敗北。
DCIJrランキング7位 相津鋭次
(あいづ えいじ)
不明 特に見せ場のないままボガーダンの中心/Heart of Bogardanで事実上敗れた。
名前はアイスエイジから。
DCIJrランキング6位 竜ヶ崎刃 赤緑:1回戦
上天の閃光入り赤緑:2回戦
軽量型赤緑:3回戦&決勝戦
毎試合ピンチになるも、ギリギリのところで勝利をもぎ取り決勝へ駒を進める。
第5予選キャラバン 古門守 ウィップ・バイパー 卓越したプレイスキルでコモンデッキと油断した刃を追い詰めるも、トップデッキした炎の嵐/Firestormで敗れる。
DCIJrランキング1位 天草薫 ステイシス:1回戦
緑白青メサクラフト:2回戦
初戦を順当に勝ち進むが、2回戦で円と対決。表示限界の255体のペガサス・トークンで決めようとするもサイムーン/Simoonをめぐるカウンター合戦に敗れ、返しのターンでロックされて投了する。
第2予選キャラバン 岸 耀平
(きし ようへい)
系? 登場時点で既にステイシスのロックにはまっているにも関わらず、諦めの悪さに汚い言葉遣いをする。
名前は傭兵騎士/Mercenary Knightから。
第1予選キャラバン 八乗寺舞 ウルザトロン 序盤は根切りワーム/Rootbreaker Wurmで有利になるも、除去されたうえ度重なるハルマゲドン/Armageddonにより土地が全滅。キマイラを合体させて勝負にでるも、真珠の大メダル/Pearl Medallionの力を借りた解呪/Disenchantで排除される。
第3予選キャラバン ジェスター=セラ セレニアゲドン:1回戦
5CG:2回戦
タッチアーマースキン:3回戦
長考しつつも、冷静なプレイングで舞と薫を破る。
DCIJrランキング2位 泉俊 不明:1回戦
エターナルブルー:2回戦
不明:3回戦
優勝候補。順当に勝ち進むも、晶の強運による先手1ターンキルになすすべもなく敗北。
DCIJrランキング8位 上澤 光
(うえざわ ひかる)
不明 特に見せ場のないまま1体のクリーチャーに倒される。
名前はウェザーライトから。
第7予選キャラバン 日野 恭太
(ひの きょうた)
不明 特に見せ場のないまま弥生に敗れる。大会前に坐禅を組んでいた。
名前は火の兄弟/Brothers of Fireから。
第4予選キャラバン 星弥生 ライブラリー破壊:1回戦
ターボキャット:2回戦
初戦を勝利するも、続く俊との対戦で踏み荒らし/Overrunを打ち消され、時間のねじれ/Time Warpによる7ターン連続攻撃により投了。
DCIJrランキング4位 瀬石櫻 カウンターハンマー 初戦はフェルプゥの外見に思い切った行動ができず苦戦(?)する。2回戦の対晶は、ウィニーによる速攻をプロパガンダ/Propagandaで押し留め逆転するも、晶の手札を読みきれずにカウンターのタイミングを誤り敗北。
DCIJrランキング5位 フェルプゥ ブービートラップ 外見を利用した心理戦で櫻を翻弄するも、ブービートラップ/Booby Trapの起爆によりキレた櫻の特大火力で敗北。
第8予選キャラバン 屋敷 大地
(やしき だいち)
不明 特に見せ場のないまま突然の衝撃/Sudden Impactで瞬殺される。観戦時には、相津鋭次に頭を抑えられて悲鳴をあげていた。
名前はホームランドから。
第6予選キャラバン 緋沼晶 プロスブルーム:1回戦
黒赤ビートダウン:2回戦
ミニオンシュート:3回戦
シュナイダーポックス:決勝戦
初戦、3回戦を奇策によるコンボデッキで勝利。2回戦は手札の読み合いに辛うじて勝利する。

[編集] 主な登場人物(世界編)

注:最初に「*」が付いているものは中村哲也氏のデザイン、それ以外は投稿されたキャラクター。

キャラクター名 年齢 性別 使用デッキ 特徴
アメリカ ジョセフィン=ヤワラ=ハマー 15歳 :日本戦(予選)
青白コントロール:フランス戦
通称「鉄槌のジョセフィン」。アメリカジュニアチャンプ。フランス戦では青白コントロールを使用するが、メタ外のデッキを使うマルセイユに対しカウンターのタイミングを誤り敗北。
ピーター=ゴドウィン 14歳 黒赤:日本戦(予選) 非常にノリの良い性格で黒赤を嗜む。アメリカチームは全員がワールドランキング10位以内のランカーで構成され、彼も同じである。フランス戦では特に見せ場のないままシェリルに敗れた。
アルフ=ウェストン 15歳 ゴブリン:日本戦(予選)
系:フランス戦
カナダ出身。ゴブリン使いで守を下す。フランス戦ではシモンをインフェルノ/Infernoによって引き分けに持ち込んだ。
*クリス=クリスチャン 12歳 :日本戦(予選)
ステロイド:日本戦(決勝)
登場人物のクリス=クリスチャンを参照。
*サラ=マクロード 13歳 大天使ゲドン:日本戦(予選)
白青ライブラリー破壊デッキ:日本戦(決勝)
登場人物のサラ=マクロードを参照。
*アキラ=ハイファン  ? クローシスコントロール:フランス戦
黒コントロール:日本戦(決勝)
登場人物の緋沼晶を参照。
ドイツ ラインハルト=マリーア=フォン
=シュトルム
15歳 ブリッツ:日本戦 担当でドイツチームのリーダー。日本チームの戦術を読み、薫と守を打ち破った。
エルンスト=フォン=シュタイナー 12歳 白ウィニー:日本戦 担当で対使いを想定した白ウィニーを用いるが、ファイレクシアの食屍鬼/Phyrexian Ghoul突入口/Breachコンボにより俊に敗れた。
フィッツ=ジェラルミン 14歳 赤茶単:日本戦 自分の策には少々自信過剰気味なチームの参謀役兼お笑い担当。アーティファクト担当で、大量のマナ・アーティファクトから猛火/Blazeを放つデッキを使うが、フィニッシャーが猛火であることをうっかり口にしてしまい、それを強迫/Duress落とされ俊に敗北。
ファスライ=スケベニンゲン 14歳 ポンザ:日本戦 かなり大柄な留学生(出身国はオランダ)。担当。
*テオドール=ヴォルフェンバルト 15歳 リス対立:日本戦 実力は確かだが、粗暴で直情的な性格から「黒い森の狼男」の異名を持つ。緑青担当。それまで3人抜きしていた俊を下した。
フランス マルセイユ=フランシスカ 15歳 ターボジョークル:アメリカ戦 通称「黒い聖乙女」。ヨーロッパジュニアチャンプ。チームの三銃士が強すぎて、ジュニア選手権の団体戦ではほとんど出番がなかった。アメリカ戦ではターボジョークルによってジョセフィンを倒すが、続く晶の粛清するものクローシス/Crosis, the Purgerを止めることができず敗退。
*アルセーヌ=ル=ブラン 15歳 三銃士と呼ばれる実力者の一角。料理が得意。アメリカ戦ではクリスに敗れる。
シモン=ルロッソ 15歳 系:アメリカ戦 三銃士と呼ばれる実力者の一角。アメリカ戦ではアルフをギリギリまで追いつめる。
シェリル=ルチナス 14歳 三銃士と呼ばれる実力者の一角。マルセイユのことを「お姉さま」と呼び慕っている。アメリカ戦においてピーターを打ち破り一勝を得た。
イングランド スコット=ラシード 13歳 リベリオン:日本戦 日本戦において大将を務る。水位の上昇/Rising Waters下のピッチスペル合戦は評価が高い。
ジャック=フォード 15歳 パララクス補充:日本戦 そつのないデュエルを行い、相手のミスもあって円を難なく下す。
シヴァ=ルドラ 13歳 ラッキースライ:日本戦 先手の利を活かして4ターン目に舞を追いつめるが、それすら上回る圧倒的な舞の今引きの前にはかなわなかった。
レミィ=ウィンザー 14歳 黒赤:日本戦 あのレミィがゲスト出演。その抜けっぷりは変わっておらず、防御の光網/Defense Gridを考慮せずに出したマナを使い切れず、9点マナ・バーンという記録的な敗北をする。
アルフレッド=クライン 14歳 青緑コントロール:日本戦 弥生の獣たちの女帝ジョルレイル/Jolrael, Empress of Beasts能力起動活力の風/Vitalizing Windからの攻撃を陥穽/Ensnareで防ぎ、さらに威圧/Dominateでジョルレイルを奪って弥生を破った。ちなみに、メスの飼い猫がいる。
中国 ニコル=九竜(クーロン) 15歳 ドメイン:日本戦 香港チャンプ。特殊ルールのもと行われたインベイジョン・ブロック構築で日本と対戦。中性的な顔立ちをしており、刃は女性と勘違いしていた。
レイチェル=ハーン 14歳 緑白ホード:日本戦 同じくブロック構築で戦う。かなりの無口無表情で感情が読み取りづらいが、プレイングは的確。
黄美花(ホァン メイファ) 11歳 系:日本戦 マリガン姑娘(クーニャン)」の異名を持ち、初手に恵まれない。セカンドマリガン後も5枚全部土地でマリガンを行っていた。
*炎龍姫(イェン ロンジ) 15歳 中華料理が得意でフランス料理に対抗意識を持つ。対日本戦がランダムに3人選出するタイプで選手から漏れたため、出場できなかったことを悔やんでいた。
*武雷光(ウー レイコァン) 15歳 マイペースな選手が多い中国チームのツッコミ役。レイチェルの感情の動きがある程度わかる。
ロシア *ユルグ=スヴァンニ 15歳? 女? カウンタースリヴァー:リキ戦 登場人物のユルグ=スヴァンニを参照。
アレクセイ=V=カリーニン 15歳 ビッグ・ブルー:日本戦 ロシアのリーダー的人物。ユルグに警戒心を抱いている。堅実なデュエルで守を破った。
ミハイル=V=カリーニン 12歳 ビッグ・ブルー:日本戦 ビッグ・ブルーによって弥生を打ち破った。なおロシアチームはターニャ以外の全員がこのデッキを使用している。
*ボリス=V=カリーニン 13歳 ビッグ・ブルー:日本戦 ユルグによって洗い流し/Wash Outデッキから抜かれており、櫻のオアリムの詠唱/Orim's Chant2枚からの万物の声/Voice of Allに対処できず敗北。
*アナスタシア=V=カリーニン 12歳 ビッグ・ブルー:日本戦 ロシアの先鋒。刃の先手2ターン目のガイアの伝令/Gaea's Heraldでカウンターを封じられ、速攻によって為す術なく敗れた。
*ターニャ=V=カリーニン  ? ネザーゴー:スペイン戦
コントロール:日本戦
登場人物のターニャ=V=カリーニンを参照。
イタリア エディリア=キースタンス 14歳 女性のみで構成されるイタリアチームのリーダー。出番が少ないことに文句をつけていた。
フェリチタ=フォルトーナ 15歳
シャロン=リーナス 15歳 世界編序盤のカード集めで登場。マリオンを探していた。非常に礼儀正しい。
アルムーン=シャダン 13歳
マリオン=ミラージュ 14歳 世界編序盤のカード集めで登場。アメリカチームが赤、ドイツチームが緑を集めていると教えた。
スペイン イザベラ=セルバンテス 15歳 フィッシュ:ロシア戦 ターニャのサーボの命令/Tsabo's Decreeマーフォークを軒並み殲滅され、起死回生の洗い流し/Wash Out蝕み/Undermineでカウンター、ライフを削り切られ敗北する。
ティナ=ルーゼ 15歳 レベル系:ロシア戦 反逆者の密告人/Rebel Informerに完封された。
ネルソン=ユリースト 13歳 系:ロシア戦 ターニャの非業の死/Perishクリーチャーが壊滅し敗北。
エスカミリオ=デュ=ランベルテ 15歳 系:ロシア戦 ターニャに獅子将マギータ/Mageta the Lion威圧/Dominateで奪われ敗北。
ルビィ=ブラッド 14歳 系:ロシア戦 火力をターニャに誤った指図/Misdirectionされる。
メキシコ *???  ? 系:日本戦 覆面をしたデュエリスト。猛火/Blazeで刃に止めを刺そうとするも、対応して溶岩噴火/Volcanic Geyserを打たれ敗れる。

[編集] 参考

QR Code.gif