ドラフト点数表/カラデシュ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
点数表の目安
10点 極めて強力で、見かけたらを変えてでも取るべき
(使うべき)カード。終盤での出現など、止むを得ない事情が
あっても見逃してはいけない、即座にカットすべきカード。
9点 極めて強力で、この1枚のためだけにでも
その色を散らすことを考慮すべきカード。
8点 強力なカードで、色が合っていればデッキに
入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの
有無がメインカラーの決定基準になる。
7点 メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。
(例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点 戦力として期待できるカード。
(例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点 戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。
(例:3マナ2/2バニラ、)
4点 まあ戦力になればラッキー、又は
サイドボードとしてなら使えるカード。
3点 明らかに弱いカード。よほどカードプール
貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点 相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点 いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも
入ることはありえない。これを入れるくらいなら
基本土地を入れた方がマシ

目次

[編集]

5点 軽業の妙技/Acrobatic Maneuver - C
各種Cip能力持ちとの組み合わせで。
8点 空中対応員/Aerial Responder - U
ダブルシンボルがやや辛い事以外は文句なしの性能。
9点 霊気嵐のロック/Aetherstorm Roc - R
かなり信頼性の高いクロック。除去されなければそのままゲームを終わらせられる。
9点 発明の天使/Angel of Invention - M
単純に強烈なレア。
6点 領事の権限/Authority of the Consuls - R
攻撃的なデッキで真価を発揮する。
6点 格納庫の整備士/Aviary Mechanic - C
何はなくとも。CIP能力持ちを上手く再利用したい。
6点 永存確約/Built to Last - C
1マナにして優秀なコンバットトリック楕円競走車/Ovalchase Dragsterなど壊れやすい機体と噛み合うと強力。
6点 領事府による拘禁/Captured by the Consulate - R
基本的には弱い特権剥奪/Revoke Privileges
8点 激変の機械巨人/Cataclysmic Gearhulk - M
最大の脅威を落とすことは出来ないものの、1対多交換を取りつつ着地する4/5警戒はインパクト十分。
4点 領事府の看視/Consulate Surveillance - U
エネルギーの消耗が激しい割に、効果が受け身なため使いづらい。
7点 領事の盾護員/Consul's Shieldguard - U
赤白の頭でっかちのクリーチャー達との相性が良い。
6点 渦跡の鷹/Eddytrail Hawk - C
白緑、白赤の攻撃的なデッキで強力。
8点 博覧会場の警備員/Fairgrounds Warden - U
単純に強力な除去。
5点 断片化/Fragmentize - C
腐ることも多いのでメインからは1枚あれば十分。
8点 燻蒸/Fumigate - R
全体除去は常に強力。
7点 変速の名手/Gearshift Ace - U
素のスペックが優秀。楕円競走車/Ovalchase Dragsterとのコンボも魅力的。
6.5点 光袖会の職工/Glint-Sleeve Artisan - C
全体強化、アーティファクトの数稼ぎなど白の基本戦略と合致した良コモン。
5点 博覧会の歓迎者/Herald of the Fair - C
頭数稼ぎとして。
5点 絶妙なタイミング/Impeccable Timing - C
使い勝手はそこそこ。除去やコンバットトリックが足りない時に確保する程度でいい。
4~7点 鼓舞する突撃/Inspired Charge - C
白黒などの製造を軸としたビートダウンに1枚は是非欲しいカード。
9点 小物作りの達人/Master Trinketeer - R
1枚勝ててしまうシステムクリーチャー
6点 第九橋の巡回員/Ninth Bridge Patrol - C
トークンブリンク戦略と組み合わせるといい働きをしてくれる。
4点 圧点/Pressure Point - C
単なる数合わせ。
7点 プロペラの先駆者/Propeller Pioneer - C
光袖会の職工/Glint-Sleeve Artisanと同じく白の基本戦略を体現した優秀なコモン。
3点 復元/Refurbish - U
機械巨人級の強力レアが入ったデッキが消耗戦の際にサイドインしうる程度。
7点 特権剥奪/Revoke Privileges - C
ほぼ万能除去ではあるが機体自体は封じられないため過信は禁物。
6点 霊気装置の展示/Servo Exhibition - U
アーティファクトシナジーや搭乗要員の補充などに使いたい。
6点 空渦鷹/Skyswirl Harrier - C
5マナ域としては可もなく不可もなくな性能。
8点 空鯨捕りの一撃/Skywhaler's Shot - U
大抵のレアに対処できる強力な除去。
3点 着飾ったラクダ/Tasseled Dromedary - C
攻撃的なデッキへのサイドボード要員。
5点 亢進するアイベックス/Thriving Ibex - C
白はエネルギーシナジーに乏しい為優先度は低い。
6点 模範的な造り手/Toolcraft Exemplar - R
軽いマナ域としてはそこそこ優秀。
5点 信頼できる仲間/Trusty Companion - U
軽いマナ域が必要なら取る程度。
7点 先見的な増強者/Visionary Augmenter - U
4マナ域では優秀。能力も光袖会の職工/Glint-Sleeve Artisanと同じくシナジー向け。
8点 たなびき織りの天使/Wispweaver Angel - U
素のサイズで優秀。能力が有効利用できるデッキなら更に評価できる強力なアンコモン。

[編集]

7点 霊気溶融/Aether Meltdown - U
軽くエネルギー補充も可能な使いやすい疑似除去。
6点 理論霊気学者/Aether Theorist - C
サイズは地味だが、得られるエネルギー量が多い。占術も便利。
5点 上天の貿易風/Aether Tradewinds - C
基本的には使いづらいバウンスな為、CIP持ちが多かったり相手にエンチャント除去が入っていたりした際に使う程度の性能。
8点 霊気烈風の古きもの/Aethersquall Ancient - R
1枚で勝てる強力な大型フライヤー。
4点 儀礼的拒否/Ceremonious Rejection - U
レアに対するサイドボードとして。
9点 慮外な押収/Confiscation Coup - R
コントロール奪取は常に強力。
3点 珍品売り/Curio Vendor - C
何のシナジーもなく数合わせとしても最低レベルの性能。
4点 失跡/Disappearing Act - U
CIP再利用や疑似除去オーラ外しなど、デメリットを活用して使いたい。
1点 劇的な逆転/Dramatic Reversal - C
使えるタイミングが限定的過ぎて使用に耐えない。
6点 革新の時代/Era of Innovation - U
つむじ風の巨匠/Whirler Virtuosoとのコンボ。多色エネルギーコントロールでも使いやすい。
6点 試験飛行士/Experimental Aviator - U
全体強化やアーティファクトシナジーと組み合わせない限り5マナにしてはやや物足りないスペック。
5点 検査不合格/Failed Inspection - C
重いレアに繋げやすいためコントロールデッキではそこそこの性能。
8点 歯車襲いの海蛇/Gearseeker Serpent - C
サイズとブロック不可付与が強力なファッティ。青のトップコモン。
7点 天才の片鱗/Glimmer of Genius - U
単純に強力で使いやすい。
7点 光り物集めの鶴/Glint-Nest Crane - U
単純に強力で使いやすい。
6点 タカシオヤドカリ/Hightide Hermit - C
エネルギーの補給先として優秀。
5点 腹黒い意志/Insidious Will - R
使いづらい。
6点 ジャンジーの歩哨/Janjeet Sentry - U
他のエネルギー補給手段と組み合わせて使いたい性能。
7点 ヒレナガ空鯨/Long-Finned Skywhale - U
除去以外では基本止まらない強烈なアタッカー。防御に回れないため攻めるデッキで。
7点 誤動作/Malfunction - C
腐ることは少なく、信頼できる疑似除去。
4点 機械医学的召喚/Metallurgic Summonings - M
呪文ベースの特殊な形のデッキ構築が必須。初手近くで拾ったなら狙ってみる価値があるかもしれない。
6点 査問長官/Minister of Inquiries - U
しっかりとエネルギーデッキを組んだ際にフィニッシャーになる性能。
5点 敏捷な革新者/Nimble Innovator - C
数合わせ。
7点 発明の領事、パディーム/Padeem, Consul of Innovation - R
継続的なドローが出来ればインパクトは大。大型の機体と合わせて使いたい。
4点 逆説的な結果/Paradoxical Outcome - R
テンポ損が大きく使いどころは難しい。
4点 革命的拒絶/Revolutionary Rebuff - C
腐りやすい。あくまで序盤の数合わせとして。
8点 サヒーリの芸術/Saheeli's Artistry - R
盤面を巻き返す強力なレア。
5点 抜き取り検査/Select for Inspection - C
回避能力などで積極的にダメージレースを行うデッキで優秀。それ以外では優先度は低い。
8点 巧みな交渉術/Shrewd Negotiation - U
コントロール奪取は非常に強烈。製造や予言のプリズムをしっかり確保したい。
5点 テゼレットの野望/Tezzeret's Ambition - C
優先順位は高くないがコントロールではそれなりに強力。
6点 亢進する亀/Thriving Turtle - C
1マナ1/4は頼りになる壁。エネルギー供給源としても悪くない。
9点 奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk - M
神話レアらしく、頭一つ抜けた性能。サイズ、能力とも文句なし。
5点 ヴィダルケンの刃の達人/Vedalken Blademaster - C
2/3果敢は結構強力。3マナのピックとして安心感がある。
5点 速接会の翼鍛冶/Weldfast Wingsmith - C
アーティファクトは環境に多いため、飛んでいける機会は多い。4マナ3/3と戦力としての基準ラインは満たしている。
6点 風のドレイク/Wind Drake - C
2/2飛行は航空艇で一方的に落とされるのがやや辛いか。腐ってもフライヤーなので仕事はある。

[編集]

8点 霊基体の匪賊/Aetherborn Marauder - U
絆魂フライヤーというだけでマル。+1/+1カウンターを扱うカードが取れていればフィニッシャーになり得る。
6点 霊基体の野心家/Ambitious Aetherborn - C
サイズだけでも使いやすい地上戦力。
9点 陰謀の悪魔/Demon of Dark Schemes - M
CIPの蔓延/Infestに、5/5飛行がついてくるボムレア。トリプルシンボルだけがネック。
7点 ドゥーンドの調査員/Dhund Operative - C
2マナ3/2接死とコモン離れしたパフォーマンス。黒の序盤の主戦力。
4点 魔性の教示者/Diabolic Tutor - U
ボムレアにアプローチ出来るおなじみのチューター。
6点 短命/Die Young - C
エネルギーを用いた優秀な軽量除去。-2/-2でも落とせる範囲はそれなりにある。
5点 ダッカラのゴミあさり/Dukhara Scavenger - C
4/6のサイズは地上戦での信頼大。CIP能力での墓地回収も悪くない。やや重いのはネック。
6点 競争排除/Eliminate the Competition - R
アドは取れないが一気に大量のクリーチャーを処理できる。製造持ちと合わせて使いたい。
6点 エンブロールの暴れ者/Embraal Bruiser - U
2マナでパワー3は戦力になる。製造持ちに簡単に止められてしまうので威迫の信頼度は低い。
8点 本質の摘出/Essence Extraction - U
除去+回復。ダブルシンボルであること以外文句なし。
4点 偶然の発見/Fortuitous Find - C
墓地から2枚回収を3マナで出来るのは割と破格。何枚も入れるものではないが、弱くはない。
6,5点 鋳造所のコウモリ/Foundry Screecher - C
3マナパワー3フライヤー。結構な打点を稼ぎ出すこともしばしば。
7点 透彫虫の群棲/Fretwork Colony - U
下手に維持せず適当に相打ちさせるだけでも十分、ファッティが討ち取れれば御の字。擬似除去の恰好の的なので相手の色を見てサイドアウトすることも選択肢に。
8点 豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury - R
実質的にはキャントリップ付き4マナ2/3接死。サイズは微妙だが、とりあえずアド損はしないため、黒のダブルシンボルが入るなら入れて良い。
5点 過酷な精査/Harsh Scrutiny - U
何かしらハンドにクリーチャーはあるので、空振りは少ない。手札を見られてからの占術は、相手にされるとなかなか苦しい。
6点 不法仲買人/Lawless Broker - C
3マナ3/2と十分なスペックに、死亡時の+1/+1カウンター付与が意外と効く。
6点 放埒/Live Fast - C
軽めのドロー+エネルギー補充としてメインから採用しても問題ない。
2点 失われた遺産/Lost Legacy - R
使えるかはリアルの情報戦次第。対処したいボムがあればサイドイン。
5点 陳腐化/Make Obsolete - U
-1/-1と修整は小さいものの、インスタントなのでコンバットトリックとしては悪くない。
8点 マリオネットの達人/Marionette Master - R
単独で3点ライフロスが確定。霊気装置や機体をやり取りするだけで勝手に有利に。装備品で強化できればさらにエグい。
7点 襲拳会の部隊/Maulfist Squad - C
コストの割にややタフネスに難がある。威迫はこの環境だとなかなか通りづらい。
7点 夜更かし/Midnight Oil - R
ドロー加速は当然強いには強いが、手札が減っていくデメリットは無視できない。
4点 精神腐敗/Mind Rot - C
弱いカードではないが、3マナではクリーチャーを優先したいか。
4点 病的な好奇心/Morbid Curiosity - U
ドロー。3枚以上引ければ結構強い。
5点 夜市の見張り/Night Market Lookout - C
殴れる間は毎ターン3点分のライフ差を作り、相手がブロッカーを置いてからも搭乗+ドレインで活躍できる地味な強カード。
9点 害悪の機械巨人/Noxious Gearhulk - M
圧倒的なアドを稼ぐ除去・ライフゲイン内蔵のフィニッシャー。
7点 楕円競走の無謀者/Ovalchase Daredevil - U
アーティファクトを出すだけで手札に戻る相討ち要員。意外と厄介。
5点 プラカタクラブの用心棒/Prakhata Club Security - C
4マナ3/4バニラ。意外と堅実で強い。
7点 活力の奔出/Rush of Vitality - C
破壊不能付与が意外と強く、コンバットトリックとしての信頼性は高い。絆魂でのライフレース逆転も。
7点 隠然たる襲撃/Subtle Strike - C
効果は一見地味だが、コンバットと合わせると意外と柔軟で便利。
7点 組織の密売人/Syndicate Trafficker - R
とりあえず2マナでパワー3、適当に相打ちさせてしまってもいい。闇雲に使うとアドバンテージを失うだけなので活躍できるかは製造の枚数次第。貴重な生け贄エンジンだがシナジーは狙いにくい。
5点 亢進するネズミ/Thriving Rats - C
2マナ2/3と見られれば悪くないが、終盤には殴りに行けず立ち往生することも。エネルギーを利用する余地があるなら有り。
7点 当然の結論/Tidy Conclusion - C
腐ってもインスタント除去で、あわよくばライフ面で優位に立てる。重さ以外に悪いところはない。
7点 奥の手/Underhanded Designs - U
条件付き置き除去で、勝ち手段にもなる。アーティファクトの枚数次第だがかなり便利。
6点 武器作り狂/Weaponcraft Enthusiast - U
3マナ2/3相当で普通の戦力。トークンを出せばチャンプブロッカーを一気に3体も用意できて時間稼ぎになる。

[編集]

7点 改革派の霊気砲手/Aethertorch Renegade - U
貴重なティム持ち。霊気装置などが多いため狙い所には困らないだろう。
6点 真鍮の災い魔/Brazen Scourge - U
3マナ3/3速攻はアグロのアタッカーとしては高水準。ダブルシンボルがネック。
6点 撃砕確約/Built to Smash - C
機体と噛み合ったときの打撃力は非常に強烈。1マナとしては優秀なコンバットトリック。
5点 安堵の再会/Cathartic Reunion - C
腐った手札を大きく改善できる可能性がある。何枚も必要なカードではないが、2マナ域が不足していれば候補に入る。
9点 反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance - M
何をしても強い。
6点 チャンドラの螺旋炎/Chandra's Pyrohelix - C
霊気装置や飛行機械など、狙うべき相手は多い。
8点 焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk - M
素体の6/6先制攻撃が非常に堅く、能力も強烈。何をしても強い。
4点 破砕/Demolish - C
厄介な機体を確実に処理できるため、メインからの採用もあり。
6点 宿命の決着/Fateful Showdown - R
本体にも撃てる貴重な火力。手札を全て捨てなければならない点はプレイングでカバーしたい。
7点 猛然たる報復/Furious Reprisal - U
簡単に1対2交換が取れ、本体にもダメージを入れられる割り振り火力。優秀。
4点 巨人の光景/Giant Spectacle - C
威迫が効きづらい環境のため、少々物足りない性能。
8点 蓄霊稲妻/Harnessed Lightning - U
インスタントの貴重な軽量除去であり、持っていれば入れない理由は無い。
4点 乗っ取り/Hijack - C
ダブルシンボルがネックだが、機体の強奪などが出来ると強力。
7点 焼夷式破壊工作/Incendiary Sabotage - U
コストは重いが、3点のインスタント全体火力は信頼性が高い。戦闘と合わせて大きな有利を取りたい。
6点 発明者の見習い/Inventor's Apprentice - U
大体の場合は1マナ2/3のナイスガイとして働いてくれる。
7点 ラスヌーのヘリオン/Lathnu Hellion - R
4/4は終盤でも無視できず、単体では2ターンしか殴れないがレアリティ相応の強さ。エネルギーデッキならまごうことなき主力。
2点 向こう見ずな実験/Madcap Experiment - R
パフォーマンスを発揮するにはデッキ構築の時点から気を使う必要があり、リミテッドでは戦略に組み込みづらい。
7点 襲拳会の扉破り/Maulfist Doorbuster - U
ブロック制限はリミテッドでは強力。突破力のある優秀な中堅アタッカー。
8点 ピア・ナラー/Pia Nalaar - R
器用に色々できて便利。機体へのパンプアップは破壊力抜群。
6点 天才速製職人/Quicksmith Genius - U
とりあえず3マナ3/2。タップ不要で手札を入れ替えられるのは悪くない。パワーがあるので機体にも載せやすい。
5点 無謀な炎織り/Reckless Fireweaver - C
製造などと組み合わせると意外に打点を稼いでくれる。
5点 改革派の戦術/Renegade Tactics - C
1マナキャントリップで腐りづらいが、効果も限定的。
5点 壊し屋グレムリン/Ruinous Gremlin - C
道連れにできるアーティファクトには困らない。メインからの採用も有り。
6点 垂涎グレムリン/Salivating Gremlins - C
素で3マナ2/3は及第点。アーティファクトの複数展開で高火力に期待できる。
8点 航空船に忍び寄るもの/Skyship Stalker - R
飛行・先制攻撃・パンプアップで赤マナがある限り戦闘ではほぼ止まらない。
5点 独創の火花/Spark of Creativity - U
除去として見るにはやや不安定だが、軽く、デッキ圧縮にもなるので悪くはない。
6点 競走路の熱狂者/Speedway Fanatic - U
機体に速攻がつくのはかなり強力。赤なら使いたい。
6点 尖塔横の潜入者/Spireside Infiltrator - C
機体とセットで運用できると結構なダメージを稼いでくれる。普通に殴っても3マナ4/2相当で強い。
7点 気ままな芸術家/Spontaneous Artist - C
自分に使っても4マナ3/3速攻。エネルギーが豊富なら更に強力。
4点 エンジン始動/Start Your Engines - U
機体が複数無いと使いづらいように見えるが、本来搭乗するはずのクリーチャーまで含めて攻撃参加できるため、見た目以上に打点は伸びる。
5点 縄張り持ちの大喰らい/Territorial Gorger - R
爆発的な打点を叩き出せるチャンスはあるが、本体のサイズがやや小さく除去やブロッカーとしては弱い。
5点 博覧会場の恐怖/Terror of the Fairgrounds - C
適当な霊気装置で止められがちで、やや使い勝手は悪い。
6,5点 亢進する地虫/Thriving Grubs - C
2マナ2/1→3/2と悪くないアタッカー。
5点 むら気な巨人/Wayward Giant - C
4/5のサイズは貫禄十分。赤の中堅どころとして選択肢。
8点 溶接の火花/Welding Sparks - C
射程が広く、使いやすいインスタント除去。

[編集]

6点 人工物への興味/Appetite for the Unnatural - C
インスタントのアーティファクト破壊は機体に有効。ついでの2点ゲインも美味しい。
8点 高木背の踏みつけ/Arborback Stomper - U
タフネス4が若干不安だが、5点ゲインが非常に大きい。色が合うなら使いたい中堅クリーチャー。
6点 獣性を築く者/Architect of the Untamed - R
ビースト・トークンを出すための要求コストが大きく、おいそれと出せるものではないが3マナ2/3とスペックは及第点で、他にエネルギーの使い道があれば有り。
6点 鎧作りの審判者/Armorcraft Judge - U
4マナ3/3+ドロー。1枚でもドロー出来れば十分元は取れるレベル。使いやすい。
6点 霊気との調和/Attune with Aether - C
エネルギーも補充でき、使いやすいマナスペル。緑メインで多色に散らすなら入れておいて損はない。
7点 顕在的防御/Blossoming Defense - U
呪禁付与と+2/+2修整。軽いコンバットトリックとしては十分な性能。
8点 逆毛ハイドラ/Bristling Hydra - R
エネルギーがある限り単体除去を許さず、レアとしての威力は十分。
3点 祝祭の開幕/Commencement of Festivities - C
濃霧/Fog枠。得られるものがライフと時間ぐらいしかないため、使い勝手は今ひとつ。
5点 僧帽地帯をうろつくもの/Cowl Prowler - C
6/6を単体で止める手段がほぼなく、ファッティとして十分な威力。
4点 忍び寄るカビ/Creeping Mold - U
アーティファクト、エンチャントだけでなく土地も壊せて何かと丸い。やや重い+ダブルシンボルがネック。
7点 刃の耕作者/Cultivator of Blades - R
能力は弱くないが、本体のサイズが優れず殴りに行けるチャンスが少ない。使い捨ての全体強化のような運用になる。
1点 怪しげな挑戦/Dubious Challenge - R
使うと必ず損をする恐ろしいカード。
7点 丈夫な手工品/Durable Handicraft - U
比較的低タフネスの環境で、クリーチャーのサイズを常に一回り上げられるのは非常に強力。
7点 洗練された鍛刃士/Elegant Edgecrafters - U
最大5/6のサイズとチャンプブロックを許さない能力が心強いファッティ。フィニッシャーとしての性能は悪くない。
7点 博覧会場の吠え象/Fairgrounds Trumpeter - U
3マナ2/2と素のスペックは微妙。成長させる機会自体は少なくないが、やや悠長。
7点 ギラプールの案内人/Ghirapur Guide - U
3マナ3/2の平均以上のスペックに、マナはかかるがトークンのチャンプブロックを拒否できる起動型能力。戦力になる。
5点 高峰の職工/Highspire Artisan - C
貴重な到達持ち。航空艇などの中~軽量のフライヤーはシャットアウトできる。打力は微妙なので、メインからの投入は好み。
7点 弱者狩り/Hunt the Weak - C
使いやすい格闘除去。
6点 クジャールの種子彫刻家/Kujar Seedsculptor - C
単体で2マナ2/3。終盤はファッティの支援にもなり、腐る機会が少ない。
4点 気宇壮大/Larger Than Life - C
ソーサリーなのが欠点だが、2マナにして+4/+4トランプルの修整は強力。絆魂持ちなどと噛み合うと大きく戦況をひっくり返しうる。
8点 牙長獣の仔/Longtusk Cub - U
序盤から終盤まで強力。エネルギーが余っていればあっという間に巨大化する。
8点 自然の流儀/Nature's Way - U
緑のトップ除去。
9点 生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force - M
継続的な墓地回収、さっさと奥義に繋いでのドロー強化、5/5連打など、どの能力も支配的。
5点 飾りの勇気/Ornamental Courage - C
軽量コンバットトリック。除去に不足を感じるなら採用もありか。
8点 造命の賢者、オビア・パースリー/Oviya Pashiri, Sage Lifecrafter - R
延々とトークンを生産しているだけで地上を制圧できる。相手からするとマスト除去。
7点 ピーマの先導/Peema Outrider - C
製造1つきの4マナ4/4。単純に強いが、色拘束の強さがネック。
5点 水辺の虎/Riparian Tiger - C
エネルギーがあれば一級のアタッカー。
5点 シャイラ専有地の賢者/Sage of Shaila's Claim - C
エネルギーの使い道が豊富に確保できているなら選択肢。2マナ2/1とマナカーブ埋めにもちょうど良い。
7点 導路の召使い/Servant of the Conduit - U
自身の能力で2回まで好きな色マナを追加できる熊。後半は搭乗要員として無駄なく使える。
4点 撃墜/Take Down - C
フライヤー対策のサイドボード。4点のダメージはアンコモン以下のフライヤーなら基本的に落とせる。
7点 亢進するサイ/Thriving Rhino - C
3/4に出来ると立派な中堅クリーチャー。3マナの基本チョイス。
9点 新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk - M
1枚で戦線を圧倒的に強化できるボムレア。
6点 野生の放浪者/Wild Wanderer - C
不屈の自然+3/2で4マナ。3色デッキなどであれば候補。
6点 途方もない夢/Wildest Dreams - R
Xはどの数値で打っても相場から大きく損は無い。墓地回収が好みであればデッキには入る。
3点 狡猾な猫猿/Wily Bandar - C
破壊不能がつくといっても1/1に出来ることは正直少ない。

[編集] 多色

8点 雲先案内人/Cloudblazer - U
5マナとやや重いが、2/2飛行+2点ライフ+2ドローは強力。再利用できれば宇宙。
8点 禁制品の黒幕/Contraband Kingpin - U
1/4絆魂の壁は高い。序盤のブロッカーとして非常に優れる。
8点 模範操縦士、デパラ/Depala, Pilot Exemplar - R
3マナ3/3の基本スタッツに加え、機体強化やドローまで兼ね備えた強力なドワーフ。ドワーフへの強化が忘れ去られがち。
8点 ドビン・バーン/Dovin Baan - M
プラス、マイナスとも非常に強力。奥義まで到達すれば試合終了。
8点 崇高な飛行士/Empyreal Voyager - U
3マナ2/3飛行・トランプルと素のスペックで合格点。エネルギーの回収力も高い。
6点 品種改良の力/Engineered Might - U
どちらのモードも強力だが、5マナとやや重いのが難点。エンドカードにはなる。
6点 危険な状況/Hazardous Conditions - U
一方的に被害を与えうる全体除去。カウンターが載っている脅威に対して無力なので、相手や状況によって腐りがちなのがネック。
8点 配分の領事、カンバール/Kambal, Consul of Allocation - R
4点差をつけるドレイン能力は決まると強力。相手の行動を結構制約することができる。
9点 永遠の造り手、ラシュミ/Rashmi, Eternities Crafter - M
大半の呪文にキャントリップ以上の効果がつくのは強力。本体が貧弱なのが玉に瑕。
8点 機械修復職人/Restoration Gearsmith - U
3/3の中堅戦力に加えて、確実なアドバンテージにつながる渋い一枚。
8点 サヒーリ・ライ/Saheeli Rai - M
クローン生成はタイミング次第では大きな脅威。毎ターン占術とダメージを与え続けるだけでも十分厄介。
8点 無許可の分解/Unlicensed Disintegration - U
環境最高級のインスタント除去。色が合えば確実に入れたい。
7点 経験豊富な操縦者/Veteran Motorist - U
パワー3、機体強化、占術2と強力。色が合うならほぼ入る。
7点 通電の喧嘩屋/Voltaic Brawler - U
2マナにして4/3トランプルは反則的。最速で出せればそれだけで優勢。
8点 つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso - U
単独でも2/3+1/1飛行と3マナにしては十分な性能。エネルギーが潤沢なら更に強力。

[編集] アーティファクト

5点 成し遂げた自動機械/Accomplished Automaton - C
無色で得られるファッティ枠として有用。アンコモン以下の地上戦力では最大のP/T合計を誇る。
3点 霊気貯蔵器/Aetherflux Reservoir - R
リミテッドでは単なるちょっとしたライフゲイン装置にすぎない。
8点 霊気池の驚異/Aetherworks Marvel - M
これに沿う構築をした時の見返りが非常に大きい。
7点 活性機構/Animation Module - R
オマケのトークン生成+増殖。単体でも確実に戦線を強化してくれ、優秀。
5点 アラダラ急行/Aradara Express - C
搭乗4は重いが、8/6威迫を受けられる相手はかなり少ない。
7点 バリスタ突撃車/Ballista Charger - U
攻撃時のティムはオマケのようなものだが、6/6という時点で割と偉い。
6点 砦のマストドン/Bastion Mastodon - C
5マナ4/5のスペック自体が優秀で、白マナが出せなくても強い。警戒をつけられるなら、地上戦では主戦力。
7点 ボーマットのバザール船/Bomat Bazaar Barge - U
搭乗コストなどはやや重く、単純なバニラだが5/5は受けづらく、強力。
4点 ボーマットの急使/Bomat Courier - R
最序盤で出せないとただのチャンプブロッカーでしかない。
8点 鋳造所の隊長/Chief of the Foundry - U
霊気装置、飛行機械、機体、アーティファクトクリーチャーと、パンプアップ先は困らない。
5点 歯車工の組細工/Cogworker's Puzzleknot - C
分割可能とはいえ、4マナで霊気装置2体は効率が悪い。アーティファクトを並べることに意義があるなら採用も可か。
6点 領事府の空船口/Consulate Skygate - C
コモン以下のフライヤーはパワー3以下なので、パンプアップされなければ大半受けきれる。サイドボード候補。
8点 耕作者の荷馬車/Cultivator's Caravan - R
乗ってよし、マナ加速によし、色事故対策に良しと、使い勝手の良い優秀な機体。
7点 行き詰まりの罠/Deadlock Trap - R
エネルギーが供給できる限り無尽蔵に使えるタッパー。攻守に強力。タップインである点は注意。
6点 抽出機構/Decoction Module - U
安定したエネルギー供給源。起動型能力も除去避けやCIP再利用など、使い方次第で役に立つ。
4点 破砕踏歩機/Demolition Stomper - U
動き出したときの破壊力は絶大だが、本体コスト・搭乗コストともかなり重いのが難。搭乗5の達成は生半可では厳しい。
6点 ダッカラの孔雀/Dukhara Peafowl - C
青マナが出ればフライヤー。コモンの飛行持ちを受けきれるタフネス4が心強い。
5~8点 電招の塔/Dynavolt Tower - R
エネルギー供給源が十分にないと、1回程度の起動が限界。とはいえ1回使えれば3マナの元は取れていなくはない。
5点 歓待する構築物/Eager Construct - C
無色の熊。マナカーブを埋める分には有り。
4点 静電気式打撃体/Electrostatic Pummeler - R
何かしらのコンバットトリックとのシナジー前提での運用になるため、パフォーマンスは安定しない。気宇壮大と噛み合えば宇宙。
7点 製造機構/Fabrication Module - U
+1/+1カウンターの継続的な供給はかなりの圧力になる。機構シリーズでも最強の一角。
7点 金線の使い魔/Filigree Familiar - U
ライフゲインと死亡時ドローで無駄になることが少ない。色マナも要求しない安定した戦力。
4点 炎鍛冶の組細工/Fireforger's Puzzleknot - C
アーティファクトであることに利点がない限り、他の除去を優先した方が良い。
7点 高速警備車/Fleetwheel Cruiser - R
4マナ速攻・トランプルの5/3という時点で強力。ソーサリーのクリーチャー除去では対処できず、相討ちを取れない状況では詰みが見える。
7点 鋳造所の検査官/Foundry Inspector - U
アーティファクトは豊富にあり、コスト軽減が生きる機会は多い。3マナパワー3と打点もそこそこ。
2点 ギラプールの宇宙儀/Ghirapur Orrery - R
自分だけ一方的にメリットを得るようなシナジーをリミテッドで実現するのは難しい。
6点 ガラス吹き工の組細工/Glassblower's Puzzleknot - C
エネルギー獲得、占術によるライブラリー操作とも中低速では有用。
6点 発明者のゴーグル/Inventor's Goggles - C
工匠シナジーをさておいて、+1/+2修整はなかなか優秀。
5点 鉄華会の馬/Iron League Steed - U
無色4マナ3/3速攻。地味。
8点 街の鍵/Key to the City - R
膠着しやすい地上戦でのアンブロッカブル付与は強力。
6点 金属紡績工の組細工/Metalspinner's Puzzleknot - C
分割可能な4マナ2ドロー(ライフロス付き)。他に入れるものが無かったり、アーティファクトを増やしたい理由がある場合など。
7点 金属製の巨像/Metalwork Colossus - R
10/10のサイズはどうあれ正義。
8点 多用途な逸品/Multiform Wonder - R
絆魂と飛行のモードが強力。エネルギーの供給源が無くとも最低限の仕事は出来る。
5点 ナーナムのコブラ/Narnam Cobra - C
緑マナで接死がつくアーティファクトクリーチャー。序盤はアタッカー、終盤はブロッカーと腐りづらい。
7点 楕円競走車/Ovalchase Dragster - U
走る火力。いきなりの6点ダメージは試合を決定づけることも。前がかりなデッキでは優秀。
6点 パンハモニコン/Panharmonicon - R
シナジー前提のカードであり、ただ置いておいたとして強いものではない。
2点 終わりなき時計/Perpetual Timepiece - U
よほどの状況でない限り、なんらアドバンテージに直結しないため採用の必要性は低い。
6点 プラカタの柱行虫/Prakhata Pillar-Bug - C
3マナ2/3+黒マナで絆魂。戦力としては十分計算できる。
7点 予言のプリズム/Prophetic Prism - C
マナフィルター+ドロー+アーティファクト。使って不便なことはほぼ無い。
8点 改革派の貨物車/Renegade Freighter - C
攻撃時5/4トランプルは脅威。受けられなければそのまま試合を終わらせかねない3マナコモン。
8点 屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger - R
安価に何度も蘇る息の長いアタッカー。
7点 自己組立機械/Self-Assembler - C
複数ピック出来ていれば優秀。4/4はそれなりに信頼できる環境。
7点 航空艇/Sky Skiff - C
序盤から安定したクロックとして殴っていける優秀な機体。
10点 領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship - M
ひとたび回り始めれば圧倒的な制圧力を発揮する。1枚で勝てるカードの一つ。色を選ばないのも高ポイント。
9点 密輸人の回転翼機/Smuggler's Copter - R
3/3飛行もさることながら、ルーターがとにかく優秀。
7点 捕獲飛行機械/Snare Thopter - U
3/2飛行速攻で思わぬ突然死を生み出す奇襲要員。
5点 放射篭手/Torch Gauntlet - C
フライヤーやトークンが多ければ結構強い。
6点 速接会のオオトカゲ/Weldfast Monitor - C
3/2に威迫がついても、あまりインパクトはない。3マナの戦力としてはそこそこ優秀な部類。
5点 つむじ風製造機/Whirlermaker - U
着地3マナ、起動4マナとやや悠長だが、消耗戦では強力。長期戦志向であれば
6点 織木師の組細工/Woodweaver's Puzzleknot - C
得られるエネルギーとライフの量が多く、組細工の中では頭一つ抜けて優秀。
4点 作業場の助手/Workshop Assistant - C
死亡時の墓地回収は悪くないが、サイズ不足は否めない。

[編集] 土地

7~8点 霊気拠点/Aether Hub - U
(7点)エネルギーを水増しできる5色地形。どの時点でピックしても無駄にはならない。
6点 花盛りの湿地/Blooming Marsh - R
黒緑。色が合うなら。
6点 植物の聖域/Botanical Sanctum - R
緑青。色が合うなら。
6点 秘密の中庭/Concealed Courtyard - R
白黒。色が合うなら。
6点 感動的な眺望所/Inspiring Vantage - R
赤白。色が合うなら。
6~8点 発明博覧会/Inventors' Fair - R
(8点)アーティファクトや製造を多く取れているならかなりのライフを得られる。ピック次第だがサーチ能力も強い。
(6点)適正なカードプールでない場合、有効活用できない。いたずらに色事故を招く要因になる。
4点 隔絶した隠し場所/Sequestered Stash - U
色事故は気になるが、適当にアーティファクト・クリーチャーを再利用するだけでもそれなり。
6点 尖塔断の運河/Spirebluff Canal - R
青赤。色が合うなら。


[編集] 参考

QR Code.gif