霊気貯蔵器/Aetherflux Reservoir

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Aetherflux Reservoir / 霊気貯蔵器 (4)
アーティファクト

あなたが呪文を1つ唱えるたび、このターンにあなたが唱えた呪文1つにつき1点のライフを得る。
50点のライフを支払う:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。霊気貯蔵器はそれに50点のダメージを与える。


ターン中にあなた唱えた呪文の数に対応したライフ回復能力と、ライフ50点をダメージに変換する豪快すぎる能力を持ったアーティファクト

ライフ回復は何も考えずに使うとラッキーチャーム程度だが、呪文を連打すると馬鹿にできないライフを得られる。2つ目の能力はあまりにオーバーキルだが、それでも一撃でゲームを決められることがジョニー心をくすぐる1枚。1つ目の能力に頼らずとも無限ライフコンボの勝利用カードとして採用してもいいだろう。

スタンダードでは、骨の鋸/Bone Sawなどの0マナアーティファクト逆説的な結果/Paradoxical Outcome手札に戻してライフ回復を加速して一撃を狙うコンボデッキ逆説ストームフィニッシャーとして採用され、トップメタには上らなかったものの基本セット2019期まで改良を加えられ続け、マジック25周年記念プロツアーではメタゲームの一角に食い込んだ。また、反射魔道士/Reflector Mage雲先案内人/Cloudblazerなどを相手クリーチャーごと岸の飲み込み/Engulf the Shoreで戻してゆっくりとアドバンテージを取るコントロールデッキ[1]に採用された実績もある。

  • 1つ目の能力は誘発条件となった呪文を唱えたときではなく、解決時のゲームの状態を参照する。能力の解決前に呪文を連続して唱えれば、ライフの獲得量はその分増える。
  • ストームに似ているが、数えるのはあなたが唱えた呪文のみであることに注意。
  • ゲーム開始時のライフ総量が高い特殊ルールならば2つ目の能力も起動しやすい。双頭巨人戦ならば検討できるか。

[編集] 出典

  1. Competitive Standard Constructed LeagueMagic Onlineデッキリスト 2015年11月13日)

[編集] 参考

QR Code.gif