発明の天使/Angel of Invention

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Angel of Invention / 発明の天使 (3)(白)(白)
クリーチャー — 天使(Angel)

飛行、警戒、絆魂
製造2(このクリーチャーが戦場に出たとき、これの上に+1/+1カウンターを2個置くか、無色の1/1の霊気装置(Servo)アーティファクト・クリーチャー・トークンを2体生成する。)
あなたがコントロールする他のクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。

2/1

4つのキーワード能力と自分以外への全体強化能力を持つ天使

ファッティにしては非常に低いマナレシオだが、製造2によってそれなりのサイズは担保されている。また、栄光の頌歌/Glorious Anthemダブルシンボル3マナである事を踏まえると、不特定2マナで2/1飛行警戒絆魂製造2と、抱き合わせならではの優秀なコスト・パフォーマンスとなっている。

本体を強化すればダメージレースで8点以上の差を付けられる4/3フライヤーに、トークン生成を選べば全体強化で6点分のクロックと、どちらを選んでもマナ・コストに見合った戦力になる。悪斬の天使/Baneslayer Angelのように単騎でフィニッシャーを任せられるほどの圧倒的な戦闘力は持たないが、全体強化を活かせるビートダウン戦略に適したカード

欠点はタフネスの低さ。本体を強化しても通常火力圏内のままで、トークンを生成した場合も全体火力でまとめて全滅する脆さを抱えている。とくにどちらの状態にも対処できる光輝の炎/Radiant Flames焼けつく双陽/Sweltering Sunsが天敵。

参入時のスタンダードでは、広く採用されるゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikarとはマナカーブと紋章が噛み合うため、白系のビートダウンで併用される事があった。また、トークン生成と全体強化による機体との相性のよさから、赤白機体サイドボードに登用される例もあった。しかし本体性能の低さが足を引っ張り、トーナメントレベルでの採用はほとんど見られなかった。

破滅の刻参入後に登場した王神の贈り物では、王神の贈り物/God-Pharaoh's Giftとの相性を買われて採用される。リアニメイトによって本体を強化できるため、6/6速攻・飛行・警戒・絆魂としてダメージレースをひっくり返す。また機知の勇者/Champion of Wits霊廟の放浪者/Mausoleum Wandererといったパワーを参照するカードと全体強化の相性も良好。

[編集] 参考

QR Code.gif