顕在的防御/Blossoming Defense

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Blossoming Defense / 顕在的防御 (緑)
インスタント

あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+2/+2の修整を受けるとともに呪禁を得る。


一時的なP/T強化呪禁を与えるインスタント呪文レインジャーの悪知恵/Ranger's Guileより修整値の増えた上位互換

実用的な強化値と除去耐性を1マナで実現してくれる優良なサポートカードクリーチャーを守りながらクロックの底上げを図れるため、ビートダウンは勿論、単一のクリーチャーによる1ショットキル及びそれに類似した戦略を取るコンボデッキにも採用できる性能。ただし、登場時の環境には神聖な協力/Blessed Allianceという強力なアンチアグロカードが広く採用されているため過信は禁物。絡みのデッキカラーを相手取る時には、複数体で攻撃を仕掛けられるようにする事も留意しておきたい。

スタンダードでは、赤緑黒緑を主流とした様々な系ビートダウンに採用される。特に赤緑エネルギーではアタッカーのサポートのみならず、撃砕確約/Built to Smash放たれた怒り/Uncaged Fury等とともに静電気式打撃体/Electrostatic Pummelerによるワンショットプランも支える。

モダン以下のフォーマットでは役割のよく似た巨森の蔦/Vines of Vastwoodと競合するが、強化効率は同等且つ色拘束も含めた取り回しの良さから、併用もしくはスロットを争うだけのポテンシャルは有している。実際、登場まもなくして感染デッキで両者を併用したレシピが結果を残しており、同デッキの新たな定番枠となる事が予想される。

[編集] 参考

QR Code.gif