反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Chandra, Torch of Defiance / 反逆の先導者、チャンドラ (2)(赤)(赤)
伝説のプレインズウォーカー — チャンドラ(Chandra)

[+1]:あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。あなたはそのカードを唱えてもよい。そうしないなら、反逆の先導者、チャンドラは各対戦相手にそれぞれ2点のダメージを与える。
[+1]:(赤)(赤)を加える。
[-3]:クリーチャー1体を対象とする。反逆の先導者、チャンドラはそれに4点のダメージを与える。
[-7]:あなたは「あなたが呪文を1つ唱えるたび、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。この紋章はそれに5点のダメージを与える。」を持つ紋章を得る。

4

カラデシュで登場した7枚目のチャンドラ忠誠度能力は、衝動的ドロー本体火力マナ加速クリーチャー火力呪文唱えるたび単体火力誘発する紋章の獲得。

ハンド・アドバンテージライフを詰められる能力、汎用性の高いマナ加速能力、信頼できる除去能力、速やかに勝利に導く奥義、といずれも質の高い忠誠度能力でまとまっている。初期忠誠度も比較的高く、4マナのプレインズウォーカーとしては非常に強力。

登場以降、幅広いフォーマットで採用されている。スタンダードでは登場からローテーションまで様々なデッキを支え、メタゲームの一角に貼り付け続けた。ストーリーでも主人公を務め、名実ともにカラデシュ・ブロックを象徴する存在である。

目次

[編集] 解説

1つ目の+1能力
ライブラリーの一番上呪文を唱える。追放したカードを唱えなかった場合、各対戦相手に2点ダメージ与える
この手の能力は捲ったカードを唱えられなかった場合大きくテンポロスしてしまうが、最低でも2点ダメージが保証されているので安心して使っていける。「戦場に出しターン起動してもマナが足りず唱えられない」という欠点も補われており、ダメージを優先するならこちらを即起動することも選択肢に入ってくる。
2つ目の+1能力
赤マナ2点の生成。
野生語りのガラク/Garruk Wildspeakerの+1能力のように、差し引き2マナで戦場に出せるため展開を阻害しないことと、次のターンから6マナ域へのジャンプアップが確定する爆発力が魅力的。自由に使えるマナが増えるとテンポが早くなる分、手札切れも早くなってしまうが、1つ目の+1能力で息切れを防止できる点が噛み合っている。
-3能力
炎の斬りつけ/Flame Slash
最低限の除去しかできなかったかつてのチャンドラと違い、大半のクリーチャーは除去できるようになった。強力な分、忠誠度の消費は激しくなっている。複数回起動するのは難しいが、4マナ4点火力として使っても実用範囲内。
-7能力
呪文を唱えるたびに5点火力が誘発する紋章を得る。
妨害されづらいため信頼性が高く、3~4回も誘発させれば人が死ぬ強力な能力。これ自体は直接ライフ戦場に触れる能力ではないため、速やかに誘発させて勝負を決めにいきたい。手札が切れていても1つ目の+1能力で呪文を唱えられるため、自己完結している点はありがたい。ただしダメージを与えるのは強制であるため、対象に取れるものが自分しかなかった場合は自分が5点受けなければならないので注意。

[編集] 利用

[編集] スタンダード

登場直後から赤緑型の霊気池の驚異で活躍したほか、霊気紛争後のマルドゥ機体にも高確率で採用されていた。

アモンケット・ブロック期でも一線で活躍し、ラムナプ・レッドティムール・エネルギー赤緑ランプなどに採用される。なお禁止改定で姿を変えた霊気池の驚異では炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecallerが優先されるようになった。

ローテーション後のイクサラン・ブロック期では再燃するフェニックス/Rekindling Phoenixというライバルが同じ4マナ枠に登場したものの結局両方とも併用され、赤黒アグロではメインから、赤緑モンスターではサイドボードから採用されていた。

ドミナリア基本セット2019期ではルール変更により敵プレインズウォーカーへの脅威度が下がってしまったものの、それを物ともせずゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirlerと共に赤黒アグロ・赤黒ミッドレンジをトップメタに押し上げ、また赤単ウィザードサイドボードにも姿が見られた。

[編集] モダン、エターナル

モダンレガシー、稀にヴィンテージ、さらには統率者戦と、様々なフォーマットの赤が絡むデッキで幅広く採用されている。

[編集] ルール

1つ目の+1能力
  • 追放したカードを唱えられるのはこの能力の解決時だけである。紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromasterのようにそのターンの間ならいつでも唱えられるわけではないので注意。
  • プレイしてもよい」ではなく、「唱えてもよい」なため、土地などのマナ・コストの無いカードは唱えられない。追放したカードがマナ・コストの無いカードだった場合、必ずダメージを与えなければならない。
  • ドミナリアでのルール変更により、この能力ではプレインズウォーカーにはダメージが与えられなくなった。
2つ目の+1能力
  • この能力は忠誠度能力であるため、マナ能力ではない。

[編集] その他

[編集] 開発秘話

定期的に登場しているプレインズウォーカーの中で、チャンドラは競技レベルにすることが難しい存在であった。彼女の故郷が舞台となるカラデシュでは主人公を務めるため、チャンドラを強いカードにすることになった。4つの能力を持つことはすぐに決まり、既存のチャンドラが持っていなかったマナを生み出す能力が与えられ、怒り狂ったチャンドラがほうぼうに炎を放つというアイデアから奥義が作られた[2]

このチャンドラが競技レベルで生き残れるかについて、Mark Rosewaterは生き残るだろうと思っていた。結果は彼の思惑通り、トーナメントで大活躍を果たすこととなった。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

詳細はチャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

  1. The July 10, 2017 Update(Daily Magic Update 2017年6月10日)
  2. 「賭けてみるか、エーテルパンク?」 その1(Making Magic 2016年9月26日 Mark Rosewater著)
QR Code.gif