行き詰まりの罠/Deadlock Trap

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Deadlock Trap / 行き詰まりの罠 (3)
アーティファクト

行き詰まりの罠はタップ状態で戦場に出る。
行き詰まりの罠が戦場に出たとき、あなたは(E)(E)(エネルギー・カウンター2個)を得る。
(T),(E)を支払う:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とし、それをタップする。このターン、それの起動型能力は起動できない。


エネルギーを使ってクリーチャープレインズウォーカータップし、その起動型能力を封じるアーティファクト氷の干渉器/Icy Manipulatorの亜種だが、単独では回数制限がついているため転倒の磁石/Tumble Magnetに近い。

どのでも採用可能なアーティファクトで、マナ不要なタッパーはなかなかやり手。単独ではたった2回しか使えないものの、他にエネルギーを供給する手段があれば話は別。これ自体を追加で引いてきてもエネルギー源として利用できるため、2枚目以降が腐らないのも嬉しい。相手がノンクリーチャーデッキやそれに近いコントロールデッキであっても、プレインズウォーカーを使っているなら仕事ができる。しかしタップインのために、重要な局面で引いてもすぐに使えないのは大きな欠点である。

スタンダードにおいては、着地後のプレインズウォーカーを対処する手段に乏しい青白コントロール等で利用される。特にゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikarに頼ったデッキには覿面に効き、タッパーに弱い機体も対処できる。コントロール同士でも、着地さえしてしまえば相手の打ち消しを物ともせず奔流の機械巨人/Torrential Gearhulkを封殺でき、こちらの奔流の機械巨人で一方的に殴れる点も魅力。天才の片鱗/Glimmer of Genius等で生み出したエネルギーの使い道としても最適。

リミテッドにおいてもファッティシステムクリーチャーを継続的に黙らせることができ、攻守に渡って有用。エネルギーを供給できるならかなり強力。

[編集] 参考

  1. Bottled Up/封じ込め(Magic Story 2016年9月28日 James Wyatt著)
QR Code.gif