猛然たる報復/Furious Reprisal

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Furious Reprisal / 猛然たる報復 (3)(赤)
ソーサリー

クリーチャーやプレイヤー、合計2つを対象とする。猛然たる報復はそれらに、それぞれ2点のダメージを与える。


合計2つの対象に2点ずつダメージを与える火力呪文憤怒の頂点/Pinnacle of Rage下位種

4マナで合計4点というと炎の鞭打ち/Flame Lash相当で火力呪文としては妥当なコスト・パフォーマンスカード1枚で2体のクリーチャー焼ければカード・アドバンテージを稼げるし、焼けるクリーチャーが1体しかいなければ対戦相手にもダメージを飛ばせる。多人数戦なら複数のプレイヤーを対象にダメージを与えることもできる。

とはいえ4マナは小型クリーチャーを並べて殴ってくるデッキに対してはかなり遅く、発火/Pyrotechnicsのように必要なら1つの対象に4点ダメージを与えられる利便性もなく、構築ではいささか使いづらく感じる。ソーサリーなので機体を焼けないこともこの環境においては大きな弱点。

リミテッドでは簡単にアドバンテージを稼げるうえ最後のひと押しにも使えるので、機体を焼けないことを差し置いても悪くないカード。シングルシンボルなのもありがたい。

[編集] ルール

  • 最大2つではなく、必ず合計2つを対象に取る。
    • 2人対戦で対戦相手がクリーチャーをコントロールしていなかった場合、自分自身か自身のクリーチャーを対象の1つにしなければならない。
    • 対象に取れるクリーチャーが戦場に1体も存在せず、なおかつ対戦相手が護法の宝珠/Orbs of Wardingをコントロールしていた場合、これを唱えることはできない。

[編集] 参考

QR Code.gif