宿命の決着/Fateful Showdown

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Fateful Showdown / 宿命の決着 (2)(赤)(赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。宿命の決着はそれに、あなたの手札にあるカードの枚数に等しい点数のダメージを与える。あなたの手札にあるカードをすべて捨て、その後その枚数に等しい枚数のカードを引く。


手札の枚数分のダメージを与え、さらに手札を総入れ替えするインスタント

螺旋形の燃えさし/Spiraling Embers砕かれた知覚/Shattered Perceptionと考えると相当コスト・パフォーマンスは良く、手札がリセットされてしまうものの総合的には道極め/Master the Wayよりも使いやすくなっている。とはいえ4マナ出るころに手札が何枚残っているかを考えると、これでもまだ不安定で使い難さは残る。除去として採用するならこれ以外の普通のカードを選んだほうがよいだろう。

3~4点程度しか与えられないなら増呪した集団的抵抗/Collective Defianceのほうが使いやすいため、これを使うなら手札を大量に抱え込んで大ダメージを狙いたいところ。スタンダードに限っても、墓地肥やし機械医学的召喚/Metallurgic Summonings病的な好奇心/Morbid Curiosity金属製の巨像/Metalwork Colossus逆説的な結果/Paradoxical Outcome+0マナアーティファクトなど様々なアプローチが存在する。

[編集] ストーリー

カラデシュ注目のストーリーの4枚目。

領事府/The Consulateに捕らわれたピア・ナラー/Pia Nalaarは、発明博覧会/Inventors' Fairの終幕式の催しとして、テゼレット/Tezzeretと速製職人/Quicksmithの決闘を行うことになった。ピアは優れた技術で即席の発明品を次々作り上げるも、魔法で金属を自在に操るテゼレットの「発明品」には歯が立たず、敗北する(イラスト[1]

今宵、大展示場にて、審判長テゼレットと悪名高い改革派ピア・ナラーの対決をご覧ください。

[編集] 脚注

  1. In This Very Arena/かの闘技場にて(Magic Story 2016年10月12日 Doug Beyer著)

[編集] 参考

QR Code.gif