生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Nissa, Vital Force / 生命の力、ニッサ (3)(緑)(緑)
プレインズウォーカー — ニッサ(Nissa)

[+1]:あなたがコントロールする土地1つを対象とし、それをアンタップする。あなたの次のターンまで、それは速攻を持つ5/5のエレメンタル(Elemental)・クリーチャーになる。それは土地でもある。
[-3]:あなたの墓地からパーマネント・カード1枚を対象とし、それをあなたの手札に戻す。
[-6]:あなたは「土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。」を持つ紋章を得る。

5

カラデシュで登場したニッサ忠誠度能力土地アンタップ&クリーチャー化パーマネントカード回収、土地を戦場に出すたびに1枚引ける紋章

+1能力
忠誠度を増やしつつ、5/5速攻クリーチャーを用意する。奇襲的に攻め討つのは勿論、自身の次のターンまでクリーチャーでいてくれるので、ニッサ自身を守るブロッカーとしても働く。クリーチャー化したまま対戦相手のターンを迎えるため、ソーサリー除去に巻き込まれる欠点はあるが、ニッサが倒されず土地が続く限り延々と後続を用意できるのでそこまで気にならないだろう。2枚目のニッサが手札にある状況なら、1枚目の+1能力を使った後に2枚目を戦場に出して再度+1能力を使用し、5/5速攻を2体で計10点、という爆発力も秘めている。
土地をアンタップできる点も用途が多く、自身のマナ・コストを擬似的に軽減しつつ、次のターンからはマナ加速にもなり、土地の起動型能力の回数を稼ぐことも可能。
世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwakerの1つ目の+1能力と異なり、クリーチャー化は永続ではないので頭数を増やし続けることはできない。
-3能力
自然のらせん/Nature's Spiral。直接手札に入りカード・アドバンテージに直結する優秀な能力。
適当なクリーチャー・カードを回収するだけでも強力だが、プレインズウォーカー・カードを回収できる点がミソで、この能力で墓地に落ちている2枚目のニッサを回収すればぐるぐると使いまわし続けることができる。対戦相手は相当げんなりするだろう。
呪文は回収できないものの、CIP能力を持ったクリーチャーを中心にデッキを構築しておけば同等の効果が期待できる。
土地カードも回収できるので、-6能力で紋章を得た後は擬似的なドローエンジンとしても利用できるようになる。
-6能力
ニッサとゼンディカーの繋がりを感じさせる上陸能力の紋章。コスト不要の予見者の日時計/Seer's Sundial相当と言える。
後半引いてきた無駄な土地カードや土地サーチカードドローに変換でき、継続的にアドバンテージを稼ぎ続けることができる。
奥義としては勝利に直結しない少々地味な能力だが、一度+1能力を起動すればすぐに使用可能になるアクセスのしやすさが強み。即座に起動して次々とカードを引き、2枚目のニッサを引き当てて-3能力での回収ループに移行する動きが強力。

マナ・コストに対し初期忠誠度も高め。コントロールデッキからすると、実質除去不能な5/5、墓地回収、永続的なドローと非常に嫌らしいラインナップになっている。直接戦場に触れられない弱みはあるが、たった1ターン維持するだけで以後永続的にアドバンテージを稼ぎ続けられるのは強力。クリーチャー化で盤面を支えつつ、機を見て奥義に繋ぎ、必要に応じて-3能力でアドバンテージを稼ぎに行くスタイルになるだろう。-3能力の性質上、そのとき墓地に落ちているカード次第でこのカードの価値も大きく変わってくるので、デッキ構築には十分気を使いたい。

スタンダードにおいては現実を砕くもの/Reality Smasher新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulkなどの5マナ域を争うライバルが存在し、黒緑昂揚サイドボードに見かける程度に収まっている。レガシーではエルフで採用されることがある。

リミテッドにおいては単純に5マナ5/5速攻として使っても強力。うまく維持できればカード・アドバンテージで有利に立ち、後続のカード次第ではあるが着実に勝利へと導いてくれるだろう。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

詳細はニッサ・レヴェイン/Nissa Revane (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif