炎鍛冶の組細工/Fireforger's Puzzleknot

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Fireforger's Puzzleknot / 炎鍛冶の組細工 (2)
アーティファクト

炎鍛冶の組細工が戦場に出たとき、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。炎鍛冶の組細工はそれに1点のダメージを与える。
(2)(赤),炎鍛冶の組細工を生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。炎鍛冶の組細工はそれに1点のダメージを与える。


対応の組細工は1点火力

を選ばないとはいえ、いくらなんでも2マナ1点火力は頼りない。生け贄に捧げることで割り振り火力のように扱えるものの、5マナ2点ではなおさらコスト・パフォーマンスの悪さが目に付いてしまう。 割り振り火力として見ても同セットのにはチャンドラの螺旋炎/Chandra's Pyrohelix猛然たる報復/Furious Reprisalが存在するため、使い勝手ならそちらに軍配が上がる。

活路を見出すならETBと生け贄でタイミングを跨いだ撃ち分けが可能な点か。ツキノテブクロのエキス/Moonglove Extract置きショック/Shockなら、こちらはさしずめ置き二股の稲妻/Forked Bolt。見えていることで低タフネスのクリーチャーを牽制し、時期が過ぎたら焼夷式破壊工作/Incendiary Sabotageのタネにどうぞ。

[編集] 関連カード

カラデシュの組細工のサイクル。2マナアーティファクトであり、同じ効果ETB能力起動型能力を持つ。

[編集] 参考

QR Code.gif