明滅

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

明滅/Flickeringとは、パーマネント追放した後再びそれを戦場戻すという効果を指す俗称。アヴァシンの帰還では自分のパーマネントを自分の下に戻すというメカニズムとしてテーマとして扱われた。


Flicker / ちらつき (1)(白)
ソーサリー

トークン以外のパーマネント1つを対象とし、それを追放する。その後それをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。



Momentary Blink / 一瞬の瞬き (1)(白)
インスタント

あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それを追放する。その後それをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。
フラッシュバック(3)(青)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)



Cloudshift / 雲隠れ (白)
インスタント

あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それを追放し、その後そのカードをあなたのコントロール下で戦場に戻す。


目次

[編集] 解説

効果としての初出はウルザズ・デスティニーで登場したちらつき/Flickerである。アヴァシンの帰還であなたのコントロールするパーマネントのみを対象にしあなたのコントロールの下で戦場に戻すメカニズムが明滅と命名され、のちに戻すコントロール先やタイミングなどを問わない一時的追放効果をひっくるめた俗称になった。

除去からの回避やCIP能力の使いまわし、相手のクリーチャーに置かれたオーラ+1/+1カウンターを剥がすなど攻防両方に役に立つが、前述のように追放した後それをオーナーのコントロール下で戦場に戻すか、あなたのコントロール下で戦場に戻すか、その呪文能力解決中に戻すか、霊体の地滑り/Astral Slideのように次のターン終了ステップ遅延誘発型能力で戻すかなどカードごとに細かな違いがあり役割も異なるので注意。

[編集] ルール

  • 追放されたパーマネントはまったく新しいオブジェクトとして戦場戻る。それは以前のパーマネントの記憶を持たず、関連もしていない。
  • 効果に特に指示がないかぎり、パーマネントはアンタップ状態で戦場に出る両面カード第1面を表にして戦場に出す。それがクリーチャーである場合、いわゆる召喚酔いの状態になる。
  • 戦場を離れるパーマネントにつけられているオーラはすべて、次の状況起因処理のチェック時にそのオーナーの墓地に置かれる。戦場を離れるパーマネントにつけられている装備品はすべて、つけられていない状態になって戦場に残る。戦場を離れるパーマネントの上に置かれているカウンターはすべて消滅する。
  • トークン・クリーチャーが追放された場合、それは戦場には戻らず状況起因処理で消滅する。状況起因処理を挟まないイベントの中で明滅が起きた場合もトークンのルールにて戦場でない領域に移動したトークンはその領域に留まると定められているので消滅する。
  • 結魂により組になったクリーチャーが追放された場合、組は解消される。しかし、そのクリーチャーが再び戦場に出ることで、それの結魂能力(またはそれと組になっていたクリーチャーの結魂能力)は再び誘発する。そのクリーチャーは、追放前に組になっていたクリーチャーと組になることもあれば、他のクリーチャーと組になることもある。
  • あなたのコントロール下で戦場に戻す効果の場合、反逆の行動/Act of Treasonなどによって一時的にあなたがコントロールを得たクリーチャーが追放されてあなたのコントロール下で戦場に戻った場合、あなたはそのクリーチャーを永続的にコントロールする。

[編集] アヴァシンの帰還での明滅カード

[編集] 参考

QR Code.gif