慮外な押収/Confiscation Coup

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Confiscation Coup / 慮外な押収 (3)(青)(青)
ソーサリー

アーティファクト1つかクリーチャー1体を対象とする。あなたは(E)(E)(E)(E)(エネルギー・カウンター4個)を得る。その後あなたは、そのパーマネントの点数で見たマナ・コストに等しい数の(E)を支払ってもよい。そうしたなら、それのコントロールを得る。


点数で見たマナ・コストに等しいエネルギー・カウンター支払えばコントロールを奪える呪文クリーチャーだけでなくアーティファクト対象にできる。

永続的にコントロールを奪取する呪文としては対象の条件が比較的緩い。これだけでも点数で見たマナ・コストが4以下のクリーチャーかアーティファクトを奪えるし、エネルギーを利用するデッキならより重いものも狙える。カラデシュ・ブロックの環境なら機体を始めとして奪う対象のアーティファクトにも溢れているため腐りにくいだろう。

スタンダードでは電招の搭デッキに採用される場合がある他、霊気池の驚異サヒーリコンボからティムール・エネルギーまで続くエネルギーデッキのサイドボードに採用される。イクサランの相克参入後はスカラベの神/The Scarab God再燃するフェニックス/Rekindling Phoenixといった単純な除去では対処不能なクリーチャーが流行したため、グリクシス・エネルギーメインデッキから採用することがある。

[編集] ルール

  • 実際に支払う必要のあるエネルギー・カウンターの数は解決時に決定する。
  • 唱えて対象を選ぶ際には点数で見たマナ・コストによる制限はない。解決時に対象の点数で見たマナ・コストに等しい数のエネルギー・カウンターを支払えないなら、必ず支払わないことを選ぶ。
  • 立ち消えした場合、エネルギーを得ることはない。
  • 対象の点数で見たマナ・コストが0であったなら、エネルギー・カウンターを0個支払うことを選んだことを示す必要がある。

[編集] ストーリー

カラデシュ注目のストーリーの5枚目。

ピア・ナラー/Pia Nalaarテゼレット/Tezzeret決闘は実のところ、壮大な陽動に過ぎなかった。ゲートウォッチ/The Gatewatchが闘技場にいた間に、発明博覧会/Inventors' Fairに出品された作品は領事府/The Consulateにすべて残らず押収され、ラシュミ/Rashmiたち主要な発明家も連れ去られてしまった(イラスト[1][2]

「市民の皆さん、抵抗はお止めください。あなた方の安全のためです。テゼレット審判長の命により発明品を押収します。直ちにです。」

[編集] 脚注

  1. In This Very Arena/かの闘技場にて(Magic Story 2016年10月12日 Doug Beyer著)
  2. A Grateful Consulate/領事府の思惑(Magic Story 2016年10月19日 James Wyatt著)

[編集] 参考

QR Code.gif