ゴブリンの砲撃/Goblin Bombardment

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Goblin Bombardment / ゴブリンの砲撃 (1)(赤)
エンチャント

クリーチャーを1体、生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ゴブリンの砲撃はそれに1点のダメージを与える。


クリーチャー1体を1点のダメージに換えるエンチャント

2マナ軽い上に、自分のクリーチャーすべてがモグの狂信者/Mogg Fanatic化するようなものであり、十分に強い。相手の除去に対応してクリーチャーを火力に変換し、自身のクリーチャーを生け贄に捧げ、と様々な使い方ができる。生ける屍/Living Deathを使用する初期のnWoナチュラルデス)に採用されたほか、ミラージュ・ブロックの優良火力が落ちたあとのスライなどで1~2枚採用される事もあった。

また、クリーチャーをノーコストで火力に変換できるため、いくつかのコンボデッキコンボパーツになった。特に有名なのが永劫の輪廻/Enduring Renewalとの組み合わせで、ペブルスココアペブルスキーカードとして0マナ・クリーチャーと合わさりエクステンデッド環境でも活躍した。

[編集] 類似カード

使い切りの生け贄火力呪文ゴブリンの手投げ弾/Goblin Grenadeの項を参照。

[編集] 主な亜種

パーマネントを生け贄に捧げる事で火力を飛ばす起動型能力を持つパーマネント。特記しない限りのカードで、生け贄はクリーチャー1体、対象はクリーチャー1体かプレイヤー1人。

タップ能力で起動する亜種は有象無象の大砲/Fodder Cannonの項を、ダメージ量が生け贄のパワーを参照する亜種は投げ飛ばし/Flingの項を参照。


生け贄によって、火力でなくプレイヤーにライフを失わせる黒の起動型能力には

がある。クリーチャーを除去するものはファイレクシアの疫病王/Phyrexian Plaguelordの項を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif