栄光の神バントゥ/Bontu the Glorified

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Bontu the Glorified / 栄光の神バントゥ (2)(黒)
伝説のクリーチャー — 神(God)

威迫、破壊不能
このターンにクリーチャーがあなたのコントロール下で死亡していないかぎり、栄光の神バントゥでは攻撃したりブロックしたりできない。
(1)(黒),他のクリーチャー1体を生け贄に捧げる:占術1を行う。各対戦相手はそれぞれ1点のライフを失い、あなたは1点のライフを得る。

4/6

アモンケットの神々が一柱。威迫付き。戦闘条件は、味方クリーチャー死亡起動型能力は、他のクリーチャーを生け贄ドレイン占術をおこなう。

起動型能力で自身の戦闘条件を満たすことができるものの、毎ターン条件を満たさなければならない点がネック。条件を満たしている間は自由に戦闘可能な他の神と違い、戦闘に参加する度にボード・アドバンテージを失っていく。確実に攻撃が通せる時や相手クリーチャーを討ち取れる時、高いタフネスを生かして高パワートランプル持ちを止める時など、状況を見極めて戦闘させるか判断したい。秘密の備蓄品/Hidden Stockpileなどでコストにするクリーチャーを切らさない状況にできれば、相手のライフを削りつつ有効牌を探すことができる。

スタンダードでは、プロツアー「アモンケット」黒単ゾンビサイドボードに採用されることがあった。またサクり台として、アリストクラッツで採用されることもある。

リミテッドでは、悪運尽きた造反者/Doomed Dissenter聖なる猫/Sacred Catなどクリーチャーの補充要員を確保したいところ。

  • 虚空の力線/Leyline of the Voidを出されると苦しい。通常のクリーチャーでは条件が満たせなくなり戦闘に参加できなくなってしまう。ただしトークンなら通常通り墓地に置かれるので戦闘に参加できる。そのため、上記の秘密の備蓄品などと組み合わせる分には問題ない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

アモンケット単色サイクル。いずれも神話レア伝説のクリーチャー破壊不能に対応したキーワード能力を持ち、条件を満たしていない場合は攻撃ブロックもできない。

[編集] ストーリー

バントゥ/Bontuアモンケット/Amonkhetの一柱。女性。クロコダイルの頭部を持つ野望の神であり、第4の試練である野望の試練/The Trial of Ambitionを担う。

詳細はバントゥ/Bontuを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif