nWo

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

nWo(エヌ・ダブリュー・オー)は、自然の秩序/Natural Orderによって新緑の魔力/Verdant Forceなどのファッティを高速展開する緑単コントロールデッキ

デッキ名はnew World order(新世界の秩序)の略。自然の秩序/Natural Orderとかけたものであろう。また、当時アメリカで大流行したハルク・ホーガンらが結成したプロレスチームにも由来する。固有名詞なので、由来から考えて「n」と「o」は小文字で書くのがよいと思われる。

派生デッキのナイトメア・サバイバルnWoと呼ばれる事も多い。

[編集] 概要


Natural Order / 自然の秩序 (2)(緑)(緑)
ソーサリー

この呪文を唱えるための追加コストとして、緑のクリーチャーを1体生け贄に捧げる。
あなたのライブラリーから緑のクリーチャー・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。


元来、緑単色で構成され、最短で2ターン目にラノワールのエルフ/Llanowar Elves新緑の魔力/Verdant Forceに生まれ変わるというとんでもないデッキだった。しかし、自然の秩序/Natural Orderに頼りすぎるタイプだと、自然の秩序を打ち消されたり、出したファッティを除去されると途端にデッキが回らなくなるため、生ける屍/Living Deathリアニメイト要素を加えるようになる(→ナチュラルデス)。両者を区別するため、緑単を「nWo」、リアニメイト型のほうをナチュラルデスと呼び分ける場合もある。

そして、エクソダスが発売されると、強力な2枚のエンチャント適者生存/Survival of the Fittest繰り返す悪夢/Recurring Nightmareを採用したデッキとなり、当初のコンセプトからは若干はずれ、187クリーチャーを使い回すコントロールデッキになった。→ナイトメア・サバイバル

テンペスト・ブロックウルザ・ブロック期に入って、自然の秩序が絶版となり、繰り返す悪夢が禁止カードに指定されたあとは、リアニメイト手段として生ける屍が採用された。→サバイバル・デス

前者の緑単は、後にシークレットフォースという名でエクステンデッドで成功することになる。

  • これらの派生形については、各ページを参照のこと。

[編集] 参考

http://mtgwiki.com/wiki/nWo」より作成
QR Code.gif