サクり台

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

サクり台(Sacrifice Outlets)は、起動型能力で自分のパーマネントを任意に生け贄に捧げることのできるカードを指す通称。「生け贄に捧げる」を俗に「サクる」と言うことに由来する。


Claws of Gix / ギックスのかぎ爪 (0)
アーティファクト

(1),パーマネントを1つ生け贄に捧げる:あなたは1点のライフを得る。



Goblin Bombardment / ゴブリンの砲撃 (1)(赤)
エンチャント

クリーチャーを1体、生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ゴブリンの砲撃はそれに1点のダメージを与える。


自分のパーマネントを好きに生け贄に捧げられるということは、PIG能力死亡誘発)を任意のタイミングで使用する、墓地から使える能力を持つカード墓地送りにする、一時的なコントロール奪取と組み合わせて除去として使う、対象を取る呪文立ち消えさせるなど様々な利用が可能であり、非常に応用性が高い。中でもマナタップを必要とせず何度も起動できるものはコンボパーツになったり、そうでなくても取り回しが良いため重宝される。実際にトーナメントレベルでデッキの中心として活躍したカードも数多く存在する(下記参照)。

[編集] 代表的なカード

[編集] 参考

QR Code.gif