サクり台

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

サクり台(Sacrifice Outlets)は、起動型能力で自分のパーマネントを任意に生け贄に捧げることのできるカードを指す通称。「生け贄に捧げる」を俗に「サクる」と言うことに由来する。


Claws of Gix / ギックスのかぎ爪 (0)
アーティファクト

(1),パーマネントを1つ生け贄に捧げる:あなたは1点のライフを得る。



Goblin Bombardment / ゴブリンの砲撃 (1)(赤)
エンチャント

クリーチャー1体を生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。ゴブリンの砲撃はそれに1点のダメージを与える。


これらのカードは、基本的にはリソースの変換を行っているだけに過ぎず、その変換効率もさして高くないものがほとんど。漠然と使ってもアドバンテージには繋がりにくい。しかし、マジックにおいて「能動的に自分のパーマネントを生け贄に捧げることができる」という状況は、それだけで多くの利点を生む。PIG能力死亡誘発)を任意のタイミングで使用する、墓地から使える能力を持つカード墓地送りにする、一時的なコントロール奪取と組み合わせて除去として使う、対象を取る呪文立ち消えさせるなど様々な副次効果が期待でき、本来の能力と合わせることで非常に応用性が高くなる。また、マナタップを必要とせず何度も起動できるものはコンボパーツになったり、そうでなくても取り回しに優れるものは何かと重宝される事が多い。実際にトーナメントレベルでデッキの中心として活躍したカードも数多く存在する(下記参照)。

[編集] 代表的なカードと亜種(運用法)

[編集] 参考

QR Code.gif