伝説のアーティファクト・クリーチャー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

伝説のアーティファクト・クリーチャー/Legendary Artifact Creatureは、特殊タイプ伝説の」を持つアーティファクト・クリーチャーの総称。


Karn, Silver Golem / 銀のゴーレム、カーン (5)
伝説のアーティファクト クリーチャー — ゴーレム(Golem)

銀のゴーレム、カーンがブロックするかブロックされた状態になるたび、それはターン終了時まで-4/+4の修整を受ける。
(1):クリーチャーでないアーティファクト1つを対象とする。それはターン終了時まで、パワーとタフネスがそれぞれ自身の点数で見たマナ・コストに等しいアーティファクト・クリーチャーになる。

4/4


Bosh, Iron Golem / 鉄のゴーレム、ボッシュ (8)
伝説のアーティファクト クリーチャー — ゴーレム(Golem)

トランプル
(3)(赤),アーティファクトを1つ生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレイヤー1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。鉄のゴーレム、ボッシュはそれに、生け贄に捧げられたアーティファクトの点数で見たマナ・コストに等しい点数のダメージを与える。

6/7

初出はウルザズ・サーガで、該当カード銀のゴーレム、カーン/Karn, Silver Golem。その後長い間カーンが唯一の伝説のアーティファクト・クリーチャーだったが、ウルザズ・サーガ発売後から実に5年後に発売されたミラディンにて、2枚目の鉄のゴーレム、ボッシュ/Bosh, Iron Golemが登場した。さらにミラディンの次のエキスパンションであるダークスティールでは3枚目となるメムナーク/Memnarchが登場。

その後も数を増やし、統率者2018現在では計12枚(トークンである復活のタクタク/Tuktuk the Returnedも加えると13体)存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif