オース

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

オース(Oath)は、ドルイドの誓い/Oath of Druidsを主軸にして組まれたデッキの総称。ドルイドの誓い以外にも4枚の誓い(Oath)がサイクルとして存在するが、そちらを主軸に組んだとしても普通は「オース」とは呼ばれない。

目次

[編集] 概要

ドルイドの誓い/Oath of Druidsによってクリーチャーをノーコスト戦場に出すことを狙う。ある意味リアニメイトに近いコンセプトである。


Oath of Druids / ドルイドの誓い (1)(緑)
エンチャント

各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは自分の対戦相手であるとともに、自分よりも多くのクリーチャーをコントロールしているプレイヤーを対象として選ぶ。前者のプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上のカードを、クリーチャー・カードが公開されるまで公開してもよい。そうした場合、そのプレイヤーはそのカードを戦場に出し、これにより公開された他のすべてのカードを自分の墓地に置く。


対戦相手がクリーチャーをコントロールしている限り毎ターンクリーチャーを補充できるため、構造的にビートダウンに強い。

採用されるクリーチャーは、スパイクの織り手/Spike Weaverのような対戦相手のクリーチャーを無力化できるクリーチャーや、変異種/Morphlingのようなフィニッシャーが中心。コントロール要素の強い構成の場合、クリーチャーを数枚しか採用せず、そのスロットは他のカードに充てられる。

ドルイドの誓いはライブラリーを大幅に削ってしまうため、ライブラリー修復手段と併用されることが多く、特に相性のよいガイアの祝福/Gaea's Blessingがその役割を果たす場合が多い。敢えて(あるいは仕方なく)修復手段を用いずに、墓地肥えることを利用する、スーサイドオースサルベイジャーオースのようなタイプも存在する。

ノンクリーチャーデッキ相手だとドルイドの誓いが機能しないという弱点があり、新緑の触感/Verdant Touch禁忌の果樹園/Forbidden Orchardなどでその点をカバーすることもある。別の勝ち手段としてミシュラランドを用いることも多い。

[編集] テンペスト・ブロック+ウルザ・ブロック期

ドルイドの誓い/Oath of Druidsが回らないノンクリーチャーデッキに対抗するべく、オースには打ち消し呪文が採用されるようになる。→カウンターオース


Counterspell / 対抗呪文 (青)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


この時期はガイアの祝福/Gaea's Blessingのような優秀なライブラリー修復手段がなかったため、高速化に徹するスーサイドオースが主流だった。

[編集] ミラージュ・ブロック+テンペスト・ブロック期

エクソダス参入直後には、日本では緑白オースが組まれた。


Wrath of God / 神の怒り (2)(白)(白)
ソーサリー

すべてのクリーチャーを破壊する。それらは再生できない。


神の怒り/Wrath of Godなどのクリーチャー除去を搭載したコントロールデッキであり、対クリーチャーデッキに強い。

ドローエンジン根囲い/Mulch巻物棚/Scroll Rackコンボを採用したターボマルチも登場。


Mulch / 根囲い (1)(緑)
ソーサリー

あなたのライブラリーのカードを上から4枚公開する。これにより公開されたすべての土地カードをあなたの手札に加え、残りをあなたの墓地に置く。


また、それらとは別路線で、オースに土地破壊要素を織り交ぜた緑単コントロールスパイクの誓いが登場し、アジア太平洋選手権98を制した。


Spike Weaver / スパイクの織り手 (2)(緑)(緑)
クリーチャー — スパイク(Spike)

スパイクの織り手は、その上に+1/+1カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。
(2),スパイクの織り手から+1/+1カウンターを1個取り除く:クリーチャー1体を対象とし、その上に+1/+1カウンターを1個置く。
(1),スパイクの織り手から+1/+1カウンターを1個取り除く:このターンに与えられるすべての戦闘ダメージを軽減する。

0/0

また、アジア太平洋選手権98併催のジュニア選手権では、打ち消し呪文をメインに据えた5色カウンターオースが優勝した。


Counterspell / 対抗呪文 (青)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


[編集] エクステンデッド

ドルイドの誓い/Oath of Druidsガイアの祝福/Gaea's Blessingシナジーカウンターで守るカウンターオースが常にメタゲームの一角を占め続けた。ターボランドのような派生デッキも登場した。


Gaea's Blessing / ガイアの祝福 (1)(緑)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーの墓地にあるカードを最大3枚まで対象とする。そのプレイヤーは、それらを自分のライブラリーに加えて切り直す。
カードを1枚引く。
ガイアの祝福があなたのライブラリーからあなたの墓地に置かれたとき、あなたの墓地をあなたのライブラリーに加えて切り直す。


ローテーションガイアの祝福/Gaea's Blessingを失ったことで衰退するかに見えたが、認識を食うもの/Cognivoreフィニッシャーに据えたスーサイドオースプロツアーヒューストン02を制した。


Cognivore / 認識を食うもの (6)(青)(青)
クリーチャー — ルアゴイフ(Lhurgoyf)

飛行
認識を食うもののパワーとタフネスは、それぞれすべての墓地にあるインスタント・カードの数に等しい。

*/*

その後も活躍し、セプターオースなどの派生系も生まれたが、ミラディン参入後はティンカーに圧倒され、肝心のドルイドの誓い/Oath of Druids禁止カードに指定されてしまい、エクステンデッドから退場した。

[編集] ヴィンテージ

ヴィンテージでは禁忌の果樹園/Forbidden Orchardの登場により再び注目を集めることになる。


Forbidden Orchard / 禁忌の果樹園
土地

(T):あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ1点を加える。
あなたがマナを引き出す目的で禁忌の果樹園をタップするたび、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のコントロール下で無色の1/1のスピリット(Spirit)・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。


禁忌の果樹園により対ノンクリーチャーデッキにも苦戦せずに済んだ。

純正のカウンターオースのほか、サルベイジャーコンボを搭載したサルベイジャーオースも存在する。

[編集] オース系デッキ

[編集] 参考

QR Code.gif