ドルイドの誓い/Oath of Druids

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Oath of Druids / ドルイドの誓い (1)(緑)
エンチャント

各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは自分の対戦相手であるとともに、自分よりも多くのクリーチャーをコントロールしているプレイヤーを対象として選ぶ。前者のプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上のカードを、クリーチャー・カードが公開されるまで公開してもよい。そうした場合、そのプレイヤーはそのカードを戦場に出し、これにより公開された他のすべてのカードを自分の墓地に置く。


誓いサイクル版。自分クリーチャー対戦相手より少なければ、自由には選べないが、ライブラリーからクリーチャー1体を直接戦場に出せるクリーチャーマナ・コストという概念を崩壊させるカードであり、正規のマナ・コストを支払わなくてよい効果を持つ様々なカードの中でもトップクラスの評価を受ける。

また隠れた利点として、これを中心としたギミックにはさほどスロットを裂かずとも良く (ドルイドの誓いとクリーチャー数体から可能)、他の部分の構成にもそれほどの影響を及ぼさないことが挙げられる。つまりハイブリッドデッキにしたり、他のデッキにこのギミックをタッチで仕込んだりといったことが比較的容易く、そういったものも実際に活躍していた。

これをメインに組んだデッキにはさまざまな種類があり、オース系デッキと総称される。主な活躍は以下の通り。

スタンダード
スタンダードでは中村聡スパイクの誓いアジア太平洋選手権98を制し、さらに緑白オースカウンターオースも活躍した。
エクステンデッド
エクステンデッドではエクソダス参入直後から禁止までの間、カウンターオースがずっと「クリーチャーデッキに対して抜群に強いカウンターデッキ」としてメタゲームの一角を占め続けた。
アイスエイジ期
エクソダス参入直後からカウンターオースが人気を博し、さらにBob Maherプロツアーシカゴ99を制したメイヤーオースや、中村聡Zvi Mowshowitzが愛用したターボランドなどの亜種も多く登場した。
テンペスト期
ローテーションガイアの祝福/Gaea's Blessingを失った後も、スーサイドオースプロツアーヒューストン02を制するなど人気を保っていたが、ついにエクステンデッド禁止カードに指定されたことで終わりを迎えた。
  • クリーチャー・カードを戦場に出すのと、残りの公開されたカードを墓地に置くのは同時である。日本語訳では置く領域によって訳語が違うので分かりづらいが、オラクルでは1つの「puts(置く)」で両方の置く領域を指定している。
    • 一時期、2009年10月のオラクル更新で、クリーチャー・カードを戦場に出した後で、残りのカードを墓地に置くように変更されていたが、2010年1月29日のオラクル更新で元に戻された。
  • ガイアの祝福/Gaea's Blessingと極めて強いシナジーを有する。特に長期戦型のオースデッキには不可欠なギミックである。
  • 禁忌の果樹園/Forbidden Orchardとの相性も抜群。このカードによって、ヴィンテージでのオースが一気に強化された。

2004年1月1日よりエクステンデッド禁止カードに指定される。2004年9月20日よりタイプ1.5から移行したレガシーでも禁止カードに指定される。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エクソダスの誓いサイクル。各アップキープ開始時にアクティブ・プレイヤーが不利な状態ならば効果を発揮する。

[編集] ルール

  • 能力の対象として適正なのは「アクティブ・プレイヤーの対戦相手であるとともに、アクティブ・プレイヤーよりも〇〇が多いプレイヤー」である。解決時までにゲームの状況が変化して同等か少なくなっていた場合、能力は対象不適正打ち消される

[編集] 旧ルール

  • 印刷時の誘発型能力(当時はフェイズ能力)は、「if節ルールの条件内で対象をとる」という現在では不可能な誘発条件が与えられていた(if節の条件は誘発するかどうかをチェックするが、対象はそのチェックが終わった後にしか選べない)。オラクル更新でフェイズ能力が誘発型能力の書式に改められるのに際し、誘発条件のif節から対象の指定は取り除かれ、いずれかの(アクティブ・プレイヤーの)対戦相手1人が条件を満たしていれば誘発・解決するように変更された。
    • 先述の更新で魔道士の誓い/Oath of Magesは条件を満たさない対戦相手も対象にとれるように変更されていたが、後のオラクル更新で「if節を用いず、誘発する際に条件を満たす対戦相手を対象にとる」という挙動に変更された。また、if節を用いていたサイクルの他の4枚も、印刷時の挙動に近づけるため、2009年10月のオラクル更新で魔道士の誓いと同様の挙動へと変更された。

[編集] 参考

QR Code.gif