アスモラノマルディカダイスティナカルダカール/Asmoranomardicadaistinaculdacar

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Asmoranomardicadaistinaculdacar / アスモラノマルディカダイスティナカルダカール
〔黒//赤〕 伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

あなたがこのターンにカードを捨てていたかぎり、あなたは(黒/赤)を支払ってこの呪文を唱えてもよい。
アスモラノマルディカダイスティナカルダカールが戦場に出たとき、あなたは「あなたのライブラリーから《地獄料理書/The Underworld Cookbook》という名前のカード1枚を探し、公開し、あなたの手札に加える。その後、ライブラリーを切り直す。」を選んでもよい。
食物(Food)2つを生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とする。それは自身に6点のダメージを与える。

3/3

Granite Gargoyleフレイバー・テキストなどで有名なキャラクターが伝説のクリーチャーとして登場。下記の理由により、特殊な代替コストによって唱える必要がある。戦場に出たとき自著の地獄料理書/The Underworld Cookbookサーチすることができ、食物2つを使って奈落の王/Lord of the Pitでないと耐えられないような強烈な料理を提供する伝説の人間ウィザード

未評価カードです
このカード「アスモラノマルディカダイスティナカルダカール/Asmoranomardicadaistinaculdacar」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。

[編集] ルール

[編集] カード名

カード名の長さは、登場時点で銀枠を除き英語、日本語共にトップ(各種カードランキング)。その長すぎるカード名対策として、さまざまな工夫がされている。

  • マナ・コストを入れるスペースがないため、代替コストによって唱えるようになっている。
  • 上記の通り、3番目の能力は発生源が特殊である。「食べた料理がダメージを与えている」ということを明瞭にするためでもあろうが、「クリーチャー1体を対象とする。アスモラノマルディカダイスティナカルダカールはそれに6点のダメージを与える」となって文章欄を圧迫するのを防ぐためでもあると思われる。1番目の能力は、もとより「この呪文」というテンプレートになっているため問題なく、2番目の誘発型能力は他に記法がないためそのまま書かれている。

長い名前ではあるが1単語なので、銀枠とのシナジーはあまりない。文字数を参照するにしてもOur Market Research Shows That Players Like Really Long Card Names So We Made this Card to Have the Absolute Longest Card Name Ever Elementalがある以上、見劣りしてしまう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

モダンホライゾン2レアの2カードサイクル。うち6枚が伝説のクリーチャー

[編集] ストーリー

アスモラノマルディカダイスティナカルダカール/Asmoranomardicadaistinaculdacar は人間の女性。魔導士であり地獄料理書/The Underworld Cookbookの著者。

詳細はアスモラノマルディカダイスティナカルダカール/Asmoranomardicadaistinaculdacar (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif