マナ・シンボル

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マナ・シンボル/Mana Symbolは、カード上でマナの種類を表す記号。

目次

[編集] 解説

色マナ・シンボル1個は、色マナ1点を表す。無色マナ・シンボル1個は、無色マナ1点を表す。数字あるいはXのシンボルは不特定マナ・コストであり、任意の色マナでも無色マナでも好きなマナで支払うことのできるマナの値である。そのコストにXを持つ呪文唱えたり起動型能力起動したりするとき、そのコントローラーがXの値を決める。

  • 記号で表記する際は、正式にはの略号を使って白…の順に(W)(U)(B)(R)(G)(W)…と書く(例:緑白ならば(G)(W)、赤白ならば(R)(W)。色の組み合わせの項も参照)。正式ではないが、日本語の場合は略号の代わりに漢字を使う場合も多い。
  • サイクルなどで対応する色マナを当てはめる際に(M)が用いられることがあるが、Manaの頭文字であり(M)というマナ・シンボルが存在するわけではない(用例:マナ・コストが(2)(M)のオーラのサイクル)。
    • 以前はColorの略である(C)が使われていたが、ゲートウォッチの誓い発売に際して行われた無色マナの表記変更に伴って(M)に変更された。

[編集] バリエーション

混成マナ・シンボル

Vassal Soul / 臣下の魂 (1)(白/青)(白/青)
クリーチャー — スピリット(Spirit)

飛行

2/2

半分のマナ・シンボル2つ分を組み合わせたマナ・シンボルを混成マナ・シンボルと呼ぶ。このマナ・シンボルは描かれているどちらか一方の種類のマナで支払うことを表している。このマナ・シンボルを持つカードは混成カードと言う。
  • 混成マナ・シンボルの中には、(2/青)のように色マナ・シンボルと数字のマナ・シンボルが組み合わさったものもある。これを単色混成マナ・シンボルと呼ぶ。
  • なお、混成マナ・シンボルは銀枠の世界でも、両方の色半分ずつで支払えるわけではない(参考)。
氷雪マナ・シンボル

Boreal Griffin / ボリアルのグリフィン (3)(白)(白)
氷雪クリーチャー — グリフィン(Griffin)

飛行
(氷):ボリアルのグリフィンはターン終了時まで先制攻撃を得る。((氷)は氷雪パーマネントからのマナ1点で支払うことができる。)

3/2

コールドスナップには氷雪マナ・シンボルと呼ばれるマナ・シンボルが存在する(略号(S))。このマナ・シンボルで示されたコストは、氷雪マナ特殊タイプ氷雪を持つパーマネントから生み出されたマナ)でしか支払えない。
ファイレクシア・マナ・シンボル

Gut Shot / はらわた撃ち (赤/Φ)
インスタント

((赤/Φ)は(赤)でも2点のライフでも支払うことができる。)
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。はらわた撃ちはそれに1点のダメージを与える。


新たなるファイレクシアにはファイレクシア・マナ・シンボルと呼ばれるマナ・シンボルが存在する(略号(P))。このマナ・シンボルで示されたコストは、対応する色マナか2点のライフ、どちらかで支払えることを意味する。
半分のマナ・シンボル(銀枠)

Little Girl (白/2)
クリーチャー — 人間(Human) 子供(Child)

(1/2)/(1/2)

アンヒンジドでは、赤と白(Mons's Goblin WaitersLittle Girl)に半分のマナ・シンボルが存在するほか、不特定マナ1/2点を表すシンボルもある。

[編集] 用語

マナ・コスト起動コストに含まれる同じ種類のマナ・シンボルの数に応じて、以下のような呼称が存在する。詳しくは各項目を参照のこと。

  1. シングルシンボル
  2. ダブルシンボル
  3. トリプルシンボル
  4. クァドラプルシンボル
  5. クウィンタプルシンボル
  6. セクスタプルシンボル

[編集] その他

[編集] 参考

引用:総合ルール 20161111.0

QR Code.gif