霊都の灯籠/Reito Lantern

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Reito Lantern / 霊都の灯籠 (2)
アーティファクト

(3):いずれかの墓地にあるカード1枚を対象とし、それをオーナーのライブラリーの一番下に置く。


少し効果が変化し起動コストが1増えて帰ってきたSoldevi Digger

Soldevi Diggerの場合は自分墓地の一番上のカードライブラリーの一番下に置くだったが、こちらは墓地のどこにあってもよくなっている。このためライブラリーを何らかの方法で0枚にすれば、Soldevi Diggerとは異なり墓地を調整することなく、毎ターン墓地にある好きなカードを引くことができる。

これが使える時期のスタンダードでは拾い読み/Browseはないため、昔のブラウズディガーを再現するのは難しいと思われる。しかし地ならし屋/Levelerなどライブラリーを減らせるカードはいくつか存在するので、使いようによってはなかなか活躍できるかもしれない。

[編集] 参考

QR Code.gif