アップキープ・コスト

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アップキープ・コスト(Upkeep Cost)とは、パーマネントアップキープ開始時にそのコントローラーに対し要求するマナ生け贄などの支払いの総称。支払わなかった場合は基本的にコントローラーにデメリットを及ぼす。


Lord of the Pit / 奈落の王 (4)(黒)(黒)(黒)
クリーチャー — デーモン(Demon)

飛行、トランプル
あなたのアップキープの開始時に、奈落の王以外のクリーチャーを1体生け贄に捧げる。できない場合、奈落の王はあなたに7点のダメージを与える。

7/7


Masticore / マスティコア (4)
アーティファクト クリーチャー — マスティコア(Masticore)

あなたのアップキープの開始時に、あなたがカードを1枚捨てないかぎり、マスティコアを生け贄に捧げる。
(2):クリーチャー1体を対象とする。マスティコアはそれに1点のダメージを与える。
(2):マスティコアを再生する。

4/4

デメリットは主にそのパーマネント自身の生け贄だが、コントローラーに対するダメージなど、別のものである場合もある。

強力なパーマネントのペナルティ能力で要求される場合と、他の呪文能力によって付与された能力で要求される場合がある。

  • 「維持コスト」と呼ばれることもある。
  • 昔はルール上で用いられていた用語であり、フェイズ・コストの一種であったが、現在では単なる俗称である。
  • 昔のルールでは、アップキープ・コストを必要とするパーマネントは、それを払わない限りそのターンに能力を起動できなかった。現在ではそのようなルールは存在していない。

[編集] 参考

QR Code.gif