ファイレクシアン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ファイレクシアン/Phyrexianは、クリーチャー・タイプの1つ。ファイレクシア/Phyrexiaおよび新ファイレクシア/New Phyrexiaに属する種族、「ファイレクシア人/Phyrexian」を表したクリーチャー・タイプ。


Phyrexian Negator / ファイレクシアの抹殺者 (2)(黒)
クリーチャー — ファイレクシアン(Phyrexian) ホラー(Horror)

トランプル
ファイレクシアの抹殺者にダメージが与えられるたび、その点数と同じ数のパーマネントを生け贄に捧げる。

5/5


Wurmcoil Engine / ワームとぐろエンジン (6)
アーティファクト クリーチャー — ファイレクシアン(Phyrexian) ワーム(Wurm)

接死、絆魂
ワームとぐろエンジンが死亡したとき、接死を持つ無色の3/3のファイレクシアン(Phyrexian)・ワーム(Wurm)・アーティファクト・クリーチャー・トークン1体と、絆魂を持つ無色の3/3のファイレクシアン・ワーム・アーティファクト・クリーチャー・トークン1体を生成する。

6/6


Vorinclex, Monstrous Raider / 巨怪な略奪者、ヴォリンクレックス (4)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — ファイレクシアン(Phyrexian) 法務官(Praetor)

トランプル、速攻
あなたがパーマネントやプレイヤーの上にカウンター1個以上を置くなら、代わりに、そのパーマネントやプレイヤーの上にそれぞれその2倍の個数のその各種類のカウンターを置く。
対戦相手がパーマネントやプレイヤーの上にカウンター1個以上を置くなら、代わりに、その対戦相手はそのパーマネントやプレイヤーの上にそれぞれその端数を切り捨てた半分の個数のその各種類のカウンターを置く。

6/6

カルドハイムで新設されたクリーチャー・タイプ。巨怪な略奪者、ヴォリンクレックス/Vorinclex, Monstrous Raiderのみのクリーチャー・タイプとして登場した。登場後しばらくは巨怪な略奪者、ヴォリンクレックス(とR&D Playtest cardsVazal, the Compleat)のみだったが、その後モダンホライゾン2にて再録された3枚のカードがファイレクシアンとなり、同時に行われた大規模なオラクル更新にて、実に250枚のカードがファイレクシアンのクリーチャー・タイプを獲得、もしくはトークン生成クリーチャー化でファイレクシアンを扱うルール文章に変更された[1]

に存在するが、旧ファイレクシア/Phyrexia黒マナと深く関係していることから、無色アーティファクト・クリーチャーに特に多く存在している。黒以外の色のものは、その多くがミラディン/Mirrodinの5色の太陽の影響を受けた新ファイレクシア/New Phyrexia由来のものである。

ファイレクシアンを含むトークンを生成するカードは多数存在する。色やサイズや併せ持つクリーチャー・タイプは様々である(→トークン一覧)。キーワード能力生体武器はファイレクシアン・細菌・トークンを生成する。

伝説のファイレクシアンはモダンホライゾン2現在28体存在する(「伝説の(Legendary)・ファイレクシアン(Phyrexian)」でWHISPER検索)。

[編集] ストーリー

ファイレクシア/Phyrexiaおよび新ファイレクシア/New Phyrexiaに属する種族は「ファイレクシア人/Phyrexian」と呼ばれる。ほとんどのファイレクシア人は、血の代わりにファイレクシアの油/Phyrexian oilと粘液が流れる、おぞましい姿の肉と機械の融合生命体である。

詳細はファイレクシア/Phyrexia#生態新ファイレクシア/New Phyrexiaの項を参照。

[編集] 脚注

  1. Modern Horizons 2 Update Bulletin(News 2021年6月18日 Jess Dunks著)
  2. Starting Over/やり直しMaking Magic 2015年1月26日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif