メカニズム

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

メカニズム/Mechanismとは、「機構」「仕組み」などを表す。能力のことを指すこともあれば、それ以外の特殊なケースもある。

目次

[編集] 解説

いつでも使えるメカニズムを常磐木、必要があればいつでも使えるメカニズムを落葉樹と呼ぶ。それ以外のメカニズムは各カード・セットのテーマを表したり、それを補助することが多い。

カード・セット固有のメカニズムが無秩序に再録されることがないのは、マジック:ザ・ギャザリングを常に新鮮なトレーディングカードゲームとして保てるよう、各カード・セットごとの雰囲気を大事にしているからである。

メカニズムはその性質上、背景世界と強く結びついているものも多い。例えばシャドー消散には「ラースの被覆/Rathi Overlayの影響で備わった特殊な性質」という背景ストーリー上の設定がある。一方で変異のように収録時ごとに別々の設定が与えられるものもあれば、賛美のように初登場時にはストーリー上の設定があったものが後に基本セットでより汎用的に使われた例もある。変身は元々は狼男のために考え出されたものが拡大され、ついには広く他セットでも使われるようになったという好例。

カードにキーワード名が印刷されるメカニズムは特に、名前も重要である。忍術武士道のように特定の次元/Planeでしか使えなくなってしまった失敗も踏まえ、メカニズムの多くは再利用のしやすさを考慮した名前になっている。一方でサイクリングキッカーのように、能力としては申し分ないがあまりにもフレイバー要素に乏しい[1]メカニズムもある。

[編集] メカニズムの種類

[編集] 特殊な枠によって実現されているメカニズム

を参照。

[編集] 上記以外のメカニズム

カードの俗称を参照。

[編集] 脚注

  1. Odds & Ends: Amonkhet, Part 1/こぼれ話:『アモンケット』 その1Making Magic -マジック開発秘話- 2017年5月22日 Mark Rosewater著/米村薫訳)

[編集] 参考

QR Code.gif