転生

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
転生/Soulshift
種別 誘発型能力
登場セット 神河ブロック
CR CR:702.45

転生(てんせい)/Soulshiftは、神河ブロックで登場したキーワード能力。これを持つパーマネント戦場から墓地に置かれたときに誘発する誘発型能力である。


Thousand-legged Kami / 千脚の神 (6)(緑)(緑)
クリーチャー — スピリット(Spirit)

転生7(このクリーチャーが死亡したとき、あなたはあなたの墓地にある点数で見たマナ・コストが7以下のスピリット(Spirit)・カード1枚を対象とし、それをあなたの手札に戻してもよい。)

6/6

[編集] 定義

転生 N/Soulshift Nは、「このパーマネントが戦場から墓地に置かれたとき、あなたの墓地にある点数で見たマナ・コストがN以下のスピリットカード1枚を対象とする。あなたはそれを手札に戻してもよい。」を意味する。

[編集] 解説

確約の神主/Promised Kannushiを除き、クリーチャー・タイプスピリットクリーチャーのみが持つ。にそれぞれ存在する。

[編集] ルール

  • 1つのパーマネントが複数の転生を持つのであれば、そのどちらも誘発し、複数のスピリットを手札に戻すことができる。それらの能力は別個のものなので、同じスピリットを複数回対象に選ぶこともできる(→別れ枝絡み/Forked-Branch Garami)。
  • 点数で見たマナ・コストの条件を満たしているならば、墓地に置かれたスピリット自身を対象に選ぶこともできる。なぜなら、この誘発型能力が誘発するときには、すでに自身が墓地に置かれているからである。神河救済までの転生を持つクリーチャーは、ごく少数の例外を除き、そのクリーチャーの点数で見たマナ・コストより1少ない数の転生を持つ。

[編集] その他

[編集] 参考

引用:総合ルール 20191004.0

QR Code.gif