苦しめる声/Tormenting Voice

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tormenting Voice / 苦しめる声 (1)(赤)
ソーサリー

苦しめる声を唱えるための追加コストとしてカードを1枚捨てる。
カードを2枚引く。


捨ててから引くルータードロー呪文色拘束が緩くなった野生の勘/Wild Guessであり、その上位互換

ソーサリーであり、追加コストで捨てるためカウンターに弱いなど、ドローカードとしては小回りが効かない。墓地にカードを送りながらドローできるため墓地利用とは相性が良い。

タルキール覇王譚期のスタンダードでは、軽量ドローがないこともあり、プロツアー「タルキール覇王譚」ジェスカイの隆盛コンボで採用された。また、スフィンクスの後見/Sphinx's Tutelageアルハマレットの書庫/Alhammarret's Archive紅蓮術師のゴーグル/Pyromancer's Gogglesなどとのシナジーを買われてマグマの洞察力/Magmatic Insightと一緒に青赤後見に採用、イニストラードを覆う影ブロック参入後に登場したゴーグルでもほぼ4枚採用されていた。カラデシュ・ブロックでは手札を回転させたいデッキ安堵の再会/Cathartic Reunionを優先するため影が薄くなった。

モダンでは任意のカードを捨てることが出来るため、グリセルシュートで採用されている。また「カードを捨ててから引く」ため安堵の再会/Cathartic Reunionが登場するまではドレッジでも採用されていた。その後も「5枚目以降の安堵の再会」として採用されることがある。

タルキール覇王譚リミテッドでは、多色環境により土地を多く入れる傾向があるため、序盤の色事故や終盤のマナフラッドを緩和できるこのカードは環境にマッチしているといえる。また、軽いため戦闘前に唱えやすく追加のカードを引くことができるという性質がジェスカイ果敢と非常に相性が良く、スゥルタイ探査と組み合わせることで墓地利用を生かすこともできる。

一方でタルキール龍紀伝のリミテッドでは2色環境になったことや相性の良かった果敢や探査が落ちてしまったためタルキール覇王譚時ほどのメリットはなくなってしまった。

イニストラードを覆う影のリミテッドではマッドネスを持つカードと組わせることで2マナ2ドローという優秀なドロー呪文となる。

[編集] 参考

QR Code.gif