ゴブリンの知識/Goblin Lore

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Goblin Lore / ゴブリンの知識 (1)(赤)
ソーサリー

カードを4枚引き、その後カードを3枚無作為に選んで捨てる。


数少ないドロー呪文の1つ。たった2マナで4枚もライブラリーを掘ることができるが、その後3枚無作為にカード捨てなければならない。

結局手札の枚数は変わらない上、無作為に捨てるのでドロー呪文としては期待しづらい。どちらかと言えば捨てる方に着目して、不確実ながらマッドネスなどと組み合わせたり、スレッショルドリアニメイトのために墓地肥やしたり。ゴブリンの太守スクイー/Squee, Goblin Nabobフェニックスボガーダンの鎚/Hammer of Bogardanといった再利用を前提としたカードを無理やりライブラリーから引っ張ってくるのにも使える。リアニメイト以外は赤単色で積極的に使っていけるのは強み。

ドミナリア現在でのリミテッドではそれらのメリットとかみ合うエキスパンションでの収録がなく、単純に不確実な手札の入れ替え程度に留まる。

大量ドローと大量ディスカードを行えるという点で打開/Breakthroughと似ており、発掘との相性がよい。オデッセイ・ブロック落ちた後のエクステンデッドでは、打開の代役として発掘デッキによく採用されている。

モダンにおいてホロウ・ワンに採用される。精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor禁止解除に伴いコントロールデッキが復権したことにより、打ち消されたときのリスクが高い安堵の再会/Cathartic Reunionと入れ替わる形で投入された。ライブラリーを掘り進める枚数もこちらの方が多い上、無作為ディスカードというデメリットも炎跡のフェニックス/Flamewake Phoenixのような墓地に置かれて問題がないカードを搭載することで補われている。さらに燃え立つ調査/Burning Inquiryと合わせて3枚ディスカードできる呪文が2種8枚体制になったことにより、炎刃の達人/Flameblade Adeptのカードパワーの底上げにも貢献している。

[編集] 参考

QR Code.gif