胸躍る可能性/Thrill of Possibility

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thrill of Possibility / 胸躍る可能性 (1)(赤)
インスタント

この呪文を唱えるための追加コストとして、カード1枚を捨てる。
カードを2枚引く。


インスタントになった苦しめる声/Tormenting Voiceであり、その上位互換

定番ソーサリーのインスタント化ということで純粋に良質な呪文である。苦しめる声の最大の弱点であった打ち消されると1:2交換になってしまうリスクを避けやすくなっているのは大きく、また、対戦相手ターンで2枚のカード引くことができるため、エルドレインの王権で使われている「そのターンの2枚目のカードを引く」条件を対戦相手のターンでも容易に満たせるのが特筆すべき点。

スタンダードではイゼット・ダブルドローの回転を支えるのはもちろん、苦しめる声や航路の作成/Chart a Courseと入れ替わりでの登場であるため、これらが必要不可欠であったイゼット・フェニックスにおいては単純な代替として価値が高い。ただし、弧光のフェニックス/Arclight Phoenixとの兼ね合いからインスタントである利点は活きにくく、さらに約束の終焉/Finale of Promise採用型の場合、ソーサリーの定番指定先であったこれらの完全な代替にならない問題もある。

テーロス還魂記にも続けて再録。こちらのリミテッドでは墓地が増えることに意味がある他、青赤のテーマである「あなたターン以外に呪文を唱える」ことを手札を減らさず達成できる。

[編集] 参考

  1. 『テーロス還魂記』のプロモ(Daily MTG 2020年1月9日)
QR Code.gif