意外な授かり物/Windfall

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Windfall / 意外な授かり物 (2)(青)
ソーサリー

各プレイヤーは自分の手札を捨てる。その後、これによりプレイヤーが捨てたカードの枚数のうち最も大きい枚数に等しいだけのカードを引く。


Wheel of Fortuneの調整版。各プレイヤー手札枚数を一番多くの手札を有するプレイヤーと同じ枚数に調整するドロー呪文

効果の性質上、Wheel of Fortuneと同じ様に使うことができる。自分の手札が少なく、対戦相手の手札が7枚のときに唱えれば、自分だけがアドバンテージを得ることができる。対戦相手がキーカードを保持しておくタイプのデッキの場合、これによって致命的な被害を与えることができる。

その圧倒的なドロー力によって当時の最強デッキ・MoMaを支えた屋台骨でもある。その結果、同デッキのキーカードであるトレイリアのアカデミー/Tolarian Academyと共に、強力カードがひしめき禁止カードが続出したウルザ・ブロック初の禁止カードに指定されることとなった。

1999年1月1日より、タイプ1(現ヴィンテージ)で制限カードスタンダードエクステンデッドタイプ1.5で禁止カードに指定される。同年4月1日より、ウルザ・ブロック構築で禁止カードに指定される。2004年9月20日よりタイプ1.5から移行したレガシーでも続けて禁止。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

  1. 開発部の黒歴史・パート4(Latest Developments 2016年6月17日)
QR Code.gif