基本セット2013

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
マジック基本セット2013/Magic 2013 Core Set
シンボル M13
略号 M13
発売日 2012年7月13日
セット枚数 全249種類

マジック基本セット2013/Magic 2013 Core Setは、14番目の基本セット2012年7月13日発売。日本では基本セット2013、北米ではMagic 2013(マジック2013)と略される。キャッチコピーは「さらなる挑戦に立ち向かえ/Face a Greater Challenge」。

目次

[編集] 概要

マジック:ザ・ギャザリング発売20周年の節目に発売するセット。今作からブースターパックなどの標準小売価格が下げられた。またそれに併せ、デッキビルダーセットの日本語版が2年ぶりに発売される。

「伝統的西洋ファンタジーへの回顧」を打ち出し、マジック:ザ・ギャザリング独自の世界観は控えめにする方針だった基本セットでは珍しく、背景ストーリーを重視したデザインがされている。時のらせんブロック以降、黒幕として台頭してきたニコル・ボーラスが大々的に取り上げられているほか、人気が高まっている統率者戦を意識して、第10版以来久しぶりに伝説のクリーチャーが登場。また前後のブロックの物語の補完も行なわれており、イニストラード・ブロックの後日談やラヴニカへの回帰ブロックにおけるラヴニカ/Ravnicaの様子が垣間見えるカードも複数存在する。

ゲストキーワード能力賛美アラーラの断片ブロックの時とは異なり、このセットではに割り振られている。

[編集] 発売前情報

発売前に配信されたゲーム『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』に新規カードが先行収録されている。また、発表の中でプレインズウォーカー、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, Planeswalkerが登場すると告知された(参考)。

『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』の特典のプロモーション・パックで、基本セット2013のカードを発売に先駆けて手に入れる事ができた。

[編集] リミテッド

[編集] 代表的な大会

[編集] 構築済みデッキ

[編集] エントリーセット

いずれも2色デッキであり、メインカラーに1色をタッチする構成となっている。

[編集] イベントデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Doug Beyer (lead)
Aaron Forsythe
Graeme Hopkins
Ryan Miller
Mark Purvis
デベロップ・チーム Zac Hill (lead)
Ethan Fleischer
David Humpherys
Mark L. Gottlieb
Tom LaPille
Max McCall
Ryan Miller

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif