スフィンクスの後見/Sphinx's Tutelage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sphinx's Tutelage / スフィンクスの後見 (2)(青)
エンチャント

あなたがカードを1枚引くたび、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上から2枚のカードを自分の墓地に置く。それら2枚がともに土地でないカードであり共通の色を持つなら、この手順を繰り返す。
(5)(青):カードを1枚引き、その後カードを1枚捨てる。


丸砥石/Grindstoneに似た能力を持ったエンチャントライブラリー破壊起動型能力ではなく誘発型能力になり、ルーター能力も併せ持つ。

放っておいてもドロー・ステップが来るたびにライブラリー削ることができるが、他のドロー手段を併用するとペースを上げられる。幸いにもはドローが得意なので、容易に複数回の誘発を狙えるだろう。また、起動コスト重いが自身の起動型能力で誘発させることができるため、無理にドロー呪文を採用しなくてもマナさえあれば複数回の誘発を狙える。

土地カード墓地に置くと止まってしまうため、絵描きの召使い/Painter's Servantとのペインター・グラインドストーンコンボは狙えなくなっている。丸砥石よりもマナ・コストが重く、能動的に削ろうとすると手間もかかるため、本家に任せた方がよいだろう。

リミテッドではデッキ枚数が少ないこともあり、エンドカードになり得るポテンシャルを持つ。スタンダードでは、探査魔巧が存在するので、中途半端に削ると対戦相手を助けてしまうことになる可能性があることは注意しておきたい。

スタンダードでは登場直後からこのカードを軸に据えた青赤後見と呼ばれるライブラリー破壊デッキが登場した。

  • 丸研石と同様に、墓地に置かれるはずのカードの片方、あるいは両方が置換効果により墓地以外の領域に移動しても、それらが共通の色を持っていたなら手順を繰り返す。
  • 自分のドローに反応してライブラリー破壊を行うエンチャントとして、過去にはジェイスの消去/Jace's Erasureが存在した。そちらはシンプルに1枚削るだけだが、自分自身も対象にとれる。

[編集] 参考

QR Code.gif