ラヴニカ/Ravnica

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ラヴニカ/Ravnica多元宇宙/Multiverse次元/Planeの1つ。ラヴニカ・ブロックをはじめ多数のカード・セットで舞台として扱われている(→#登場セット)。

目次

[編集] 世界観

独立した次元の名前であり、都市の名前でもある。その世界は文明が高度に発展し都市によって埋め尽くされてしまっている。文明は次元の限界まで広がり、世界そのものがひとつの巨大な都市となっている。

都市を支えているのが10のギルド/Guildである。ギルドはそれぞれ一千年の歴史を持つ組織であり、各々の主義と都市での役割を持ち、雑多な種族の構成員を抱えている。すべてが互いに都市の覇権を睨んで互いに策謀と紛争を繰り広げているが、そのギルドの均衡がラヴニカに一定の平穏と繁栄を約束している。

[編集] ストーリー

[編集] ギルドの都

10のギルドはかつて覇権争いの闘争を繰り広げていたが、(ラヴニカの暦で)一万年前に各ギルド間で総合協定(ギルドパクト/Guildpact)が締結されてからは冷戦状態となっている。また、数千年前から死者が亡霊となって街のあちらこちらに姿を現している(→幽霊街/Ghost Quarter#ストーリー)。各ギルドの調査にも関わらず、現在でもこの状態が続いている。

ギルドパクトに参加しているギルドについては「ギルド/Guild」の項目を参照。

[編集] ギルド崩壊

小説Agents of Artificeに登場したアラーラの断片ブロックの時代のラヴニカでは、ギルドは崩壊し、わずかな名残しか残っていない。包囲ワーム/Siege Wurmに破壊された残骸地区/The Rubblefieldは復興しつつある。ボロス軍/Boros Legionは細々とした傭兵団として生き残って裕福な商人などに雇われる身となる。人々はギルド支配が終わった祭を祝い、ギルドの名はゲームや冗談として人々の口にのぼる。

そこには、次元を股にかけたプレインズウォーカー/Planeswalker組織があると噂されている。

[編集] ラヴニカへの回帰

ギルドは衰退していたが滅んではいなかった事が明らかになる。1万年続いたギルドの支配という慣習は徐々に回帰を始めているが、かつての勢力を取り戻そう(そしてあわよくばかつて以上の勢力を作り上げよう)とする各ギルドの活動はラヴニカの治安を悪化させている。今はまだギルド同士の衝突は小規模かつ散発的であるが、いずれは破滅的な全面抗争に繋がるだろう。

ラヴニカへの回帰ブロックの物語を経てギルドパクト/Guildpactが復活し、ギルド同士の全面抗争は回避された。調停者の日々の努力によって平穏が保たれているように見えるラヴニカであるが、しかし10のギルド以外にも暗殺組織ギャング団テロリストなどの活動も確認されており、騒乱の種は尽きない。

[編集] 生物・文化

人間エルフゴブリンミノタウルス巨人ドライアドオーガヴィーアシーノロクソドンケンタウルス天使デーモンインプヴィダルケンといった多種多様な種族が、他の次元では考えられないほど混在して暮らしている 。彼らは都市での生活に順応しており、いずれも(少なくとも他次元の同種に比べれば)知能が高い。また異種間の混血児もしばしば生まれている。

また他の次元に比べて関わりのあるプレインズウォーカーが多いことも特徴である。ラル・ザレック/Ral Zarekなどのこの次元出身の者だけでなく、ジェイス・ベレレン/Jace Belerenダク・フェイデン/Dack Faydenのように定住して活動拠点としている者、チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaarのように高度な技術で作り出されたアーティファクトを調達に来る者なども。また一方でガラク/Garrukニッサ・レヴェイン/Nissa Revaneなど、人工物だらけのこの次元を嫌っている者もいる。

ラヴニカ独自のクリーチャーとして、ゼッペリド/Zeppelidネフィリムがいる。

マーフォーク
ラヴニカ・ブロック時点ではラヴニカに生息していないとされていた。ディセンションより後のこと、ラヴニカ都市の辺境にゾノットと呼ばれる事になる幾つかの陥没口が開いた。そこにはかつて都市に覆われてしまった古代の海が姿を現し、そこに隠れ住んでいたマーフォーク達はラヴニカの都市へ進出した。

[編集] 地理

ラヴニカもかつては自然に溢れた次元だったが、拡張を続ける都市によって自然は追いやられ、今では地表はほぼ完全に都市に覆われている。ラヴニカの住民にとって、平地は交差点や広場であり、は街を流れる水路であり、は薄暗い地下都市や下水道であり、は塔や鋳造所の煙突であり、は街路樹や人工物に絡まる蔦である。

ストーリーで主に語られるラヴニカは、時に「Ravnica city proper(ラヴニカ市)」とも呼ばれる第1地区/The Firstから第10地区/The Tenthまでの10の地区/The Districtsに区分けされた中心街である。10の地区と10のギルドには特に相関性は無く、すべてのギルドがすべての地区で活動している。ギルド渡りの遊歩道/Transguild Promenadeと呼ばれる大通りが全10地区を貫いている。

中心街の外には、番号ではない「名前」つきの地区が存在する。これらは元々自立した都市だったが、膨張するラヴニカに吸収されたものと考えられている。これらの地区として精錬地区/Smelting District、大霊廟地区、イルビトフ/Irbitov the Mausoleum District、Jezeru、湖水地区、ジェゼル/Jezeru the Lake District、オーヴィツィア/Ovitzia、Tisya、Avaricなどがある。

ラヴニカの公的な区分けは地区であるが、その中に非公式な街/quarter、管区/precinct、区域/neighborhoodといった非公式な区分けが存在する。それらは地区をまたがって存在することもあり、ラヴニカが10の地区に分けられる前から存在する地名であるとされる。それらとしてSteambath Quarter、the Wright's Quater、瓦礫帯/The Rubblebelt、Mahovna the Haven of Moss、疫病地区/the Plague Quarterシャナーヴ街/the Shanav Quarter、などがある。

[編集] 第10地区/The Tenth District

第10地区は特別な活動地域であり、すべてのギルドが主要施設を備えている。

ラヴニカへの回帰ブロックでの主な舞台となり、地区中に張り巡らされていた暗黙の迷路/The Implicit Mazeを巡り、10のギルドが互いに競い合った。

ラヴニカの献身からのラヴニカ三部作に合わせて発売されたダンジョンズ&ドラゴンズでラヴニカを舞台とするシナリオをプレイするマニュアルであるGuildmaster's Guide to Ravnicaでは、第10地区の全体図が設定されている[1]。これらはThe Art of Magic: the Gathering Ravnicaには反映されていないため、準公式と見るべきだろうが、これによれば第10地区は約70平方マイル(約112平方キロメートル)の面積を持ち、6つの管区に分かれている。

Dragon's Maze: The Secretist, Part Threeでは、アゾール公会広場/Forum of Azorリックスマーディ/Rix Maadiが第10地区に存在することが判明している。

[編集] その他

ウトヴァラ/Utvara
ギルドパクトのストーリーの舞台となったラヴニカの再開発地域。ラヴニカへの回帰の時代でも開発は進んでいないようだ。

[編集] キャラクター

プレインズウォーカー/Planeswalker
ラヴニカの住人たち

その他

[編集] 登場セット

[編集] 登場カード

ラヴニカの次元タイプを持つカードを参照。

[編集] 関連ページ

ラヴニカへの回帰ブロックの背景設定関連ページは背景世界/読み物/ラヴニカへの回帰ブロックを参照。

ラヴニカのギルドの背景設定関連ページはそれぞれラヴニカのギルド#背景設定を参照。

[編集] 脚注

  1. Welcome to Ravnica(ダンジョンズ&ドラゴンズコミュニティサイト「D&D Beyond」 2018年11月14日)

[編集] 参考

QR Code.gif