ラヴニカ/Ravnica

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ラヴニカ/Ravnica次元/Planeの1つ。ラヴニカ・ブロック、及びラヴニカへの回帰ブロックの舞台である。

目次

[編集] ストーリー

独立した次元の名前であり、都市の名前でもある。その世界は文明が高度に発展し都市によって埋め尽くされてしまっている。文明は次元の限界まで広がり、世界そのものがひとつの巨大な都市となっている。

[編集] ギルドの都

ラヴニカの世界は国家ではなく10のギルド/Guildによって動かされている。これらのギルドはかつて覇権争いの闘争を繰り広げていたが、(ラヴニカの暦で)一万年前に各ギルド間で総合協定(ギルドパクト/Guildpact)が締結されてからは冷戦状態となっている。また、数千年前から死者が亡霊となって街のあちらこちらに姿を現している(→幽霊街/Ghost Quarter #ストーリー)。各ギルドの調査にも関わらず、現在でもこの状態が続いている。

ギルドパクトに参加しているギルドについては「ギルド/Guild」の項目を参照。

[編集] ギルド崩壊

小説Agents of Artificeに登場したアラーラの断片ブロックの時代のラヴニカでは、ギルドは崩壊し、わずかな名残しか残っていない。包囲ワーム/Siege Wurmに破壊された残骸地区/The Rubblefieldは復興しつつある。ボロス軍/Boros Legionは細々とした傭兵団として生き残って裕福な商人などに雇われる身となる。人々はギルド支配が終わった祭を祝い、ギルドの名はゲームや冗談として人々の口にのぼる。

そこには、次元を股にかけたプレインズウォーカー/Planeswalker組織があると噂されている。

[編集] ラヴニカへの回帰

ギルドは衰退していたが滅んではいなかった事が明らかになる。1万年続いたギルドの支配という慣習は徐々に回帰を始めているが、かつての勢力を取り戻そう(そしてあわよくばかつて以上の勢力を作り上げよう)とする各ギルドの活動はラヴニカの治安を悪化させている。今はまだギルド同士の衝突は小規模かつ散発的であるが、いずれは破滅的な全面抗争に繋がるだろう。

ラヴニカへの回帰ブロックの物語を経てギルドパクト/Guildpactが復活し、ギルド同士の全面抗争は回避された。調停者の日々の努力によって平穏が保たれているように見えるラヴニカであるが、しかし10のギルド以外にも暗殺組織ギャング団テロリストなどの活動も確認されており、騒乱の種は尽きない。

[編集] 生物・文化

人間エルフゴブリンミノタウルス巨人ドライアドオーガヴィーアシーノロクソドンケンタウルス天使デーモンインプヴィダルケンといった多種多様な種族が、他の次元では考えられないほど混在して暮らしている。彼らは都市での生活に順応しており、いずれも(少なくとも他次元の同種に比べれば)知能が高い。また異種間の混血児もしばしば生まれている。

また他の次元に比べて関わりのあるプレインズウォーカーが多いことも特徴である。ラル・ザレック/Ral Zarekなどのこの次元出身の者だけでなく、ジェイス・ベレレン/Jace Belerenダク・フェイデン/Dack Faydenのように定住して活動拠点としている者、チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaarのように高度な技術で作り出されたアーティファクトを調達に来る者なども。また一方でガラク/Garrukニッサ・レヴェイン/Nissa Revaneなど、人工物だらけのこの次元を嫌っている者もいる。

ラヴニカ独自のクリーチャーとして、ゼッペリド/Zeppelidネフィリムがいる。

マーフォーク
ラヴニカ・ブロック時点ではラヴニカに生息していないとされていた。ディセンションより後のこと、ラヴニカ都市の辺境にゾノットと呼ばれる事になる幾つかの陥没口が開いた。そこにはかつて都市に覆われてしまった古代の海が姿を現し、そこに隠れ住んでいたマーフォーク達はラヴニカの都市へ進出した。

[編集] 地理

ラヴニカもかつては自然に溢れた次元だったが、拡張を続ける都市によって自然は追いやられ、今では地表はほぼ完全に都市に覆われている。ラヴニカの住民にとって、は塔であり、は水路であり、平地は交差点や広場であり、は街路樹や公園であり、は見捨てられた地下都市である。

ラヴニカの都市は多くの地区/Districtsに分かれている。またアゾリウスは管区/Precinctという分け方をしているがこれが地区と重なるかは不明である。

それぞれのギルドの本拠地がどの地区にあるのかも、新生シミック連合以外は特に明示されてはいない。

またラヴニカの各地に「力線」と呼ばれる魔力の道が存在することも知られている。これがもともと存在していたのか、誰かが何らかの目的で作成したものなのかは不明であるが、この街がなにか大きな秘密を隠していることは確かである。

第10地区/the Tenth District
瓦礫帯/Rubblebelt、ザーメク/Zameck、またジェイスの個人的な書斎も存在するラヴニカへの回帰のストーリーの主な舞台となる場所。
ウトヴァラ/Utvara
ギルドパクトのストーリーの舞台となったラヴニカの再開発地域。ラヴニカへの回帰の時代でも開発は進んでいないようだ。


[編集] キャラクター

[編集] 登場カード

ラヴニカの次元タイプを持つカードを参照。

[編集] 関連ページ

[編集] 参考

QR Code.gif