ラヴィニア/Lavinia

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ラヴィニア/Laviniaラヴニカへの回帰ブロックのキャラクター。カードとしてはドラゴンの迷路第10管区のラヴィニア/Lavinia of the Tenthが初出。

ラヴニカ/Ravnica人間、女性。アゾリウス評議会/The Azorius Senateに所属している。

アゾリウスの神聖術士見習いだった兄のジェックの後を追いたいと考えていたが、その兄が目の前でディミーア家/House Dimirに雇われたラクドス教団/The Cult of Rakdosに殺されたことをきっかけに最も苛烈な任務である拘引者を選んだ。

ラヴニカへの回帰ブロックのストーリーでは、ジェイス・ベレレン/Jace Belerenの住居がラクドス教団に襲撃された事件の参考人としてジェイスを聴取しようとしたが、ジェイスは誘拐されたイマーラ・タンドリス/Emmara Tandrisを自ら探すため協力を断り、ルーリク・サー/Ruric Tharを利用し逃亡する。ジェイスの逮捕に執念を燃やすが、ジェイスの捜索はボロスに移譲されることになり、ラヴィニアは現場から事務職に異動されてしまう。その後、ジェイスを邪魔者と考えるラザーヴ/Lazavの暗躍もあって暗黙の迷路/The Implicit Mazeのアゾリウス代表の迷路走者に選ばれる。レース中、新プラーフ/New Prahvにてジェイスをようやく逮捕することができたが、イスペリア/Isperiaが法の執行としての至高の評決/Supreme Verdictを止める気が無い事を知り動揺する。しかし彼女も他の迷路走者と和解する事はできず、起動しかけた至高の評決はジェイスが自らの精神を橋渡しとしてすべての走者の精神を一時繋げることで止まった。エピローグでは生けるギルドパクトとなったジェイスに乞われ、ギルドパクトのAdvisory Counsil(顧問議会)の1人になりジェイスをサポートしている。しかしプレインズウォーカー/Planeswalkerとして密かにラヴニカから姿を消してしまうジェイスには手を焼いている。

ゲートウォッチ/The Gatewatchが結成された後はジェイスも完全に秘匿する事はできず、彼女に多元宇宙/Multiverseプレインズウォーカー/Planeswalkerの真実を伝え、ギルドパクトの力を借りて黙秘させている。

一見堅物ながら、ジェイスが姿を消していた間に溜め込んだ書類の山を用い、執務室を迷路状にして彼に頭を抱えさせるなど、幾分の茶目っ気も持ち合わせている模様。

[編集] 登場作品

[編集] 参考

QR Code.gif