シミック連合/The Simic Combine

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

シミック連合/The Simic Combineは、ラヴニカ/Ravnicaにおける10のギルド/Guildの1つ。緑青。日本語では「シミック団」と表記されたこともある。

目次

[編集] 解説

ラヴニカに残存する僅かな自然の保護と再生を目的としたギルド。同じく自然回帰を謳うギルドは複数あるが、それらと違い、魔法や科学の力を使い自然を「研究」することに注力している。好奇心旺盛なエルフと生物学者によって日夜研究が進められており、その過程での産物である医療技術の進歩と発展を持って、ラヴニカの市民生活に貢献している。

しかし、彼らの類稀なる好奇心は、そこにもう1つの目的を見出してしまう。それは、保護した自然に人工的な改良を加える事で、「進化」の意図的な誘導を行うことである。結果、彼らの研究は当初の目的から次第に乖離し、禁忌の生物実験が主となっていった。指導者である解剖学の権威モミール・ヴィグは、自らが開発した、強化調整を可能とする生命体「細胞質胞」によって、市民達を含めたラヴニカの生態系を作り変えようとしていた。彼はそれがラヴニカのよりよい将来のためであると信じてやまず、クラージ計画という特別なプロジェクトを推し進めている。

ラヴニカ・ブロックの物語において、研究の粋を集めた生物兵器クラージ実験体、指導者ヴィグ、さらには拠点ノヴィジェンまでもを失い、シミックは消滅の危機に瀕した。しかし、都市に突然「ゾノット」と呼ばれる太古の海へと繋がる大きな孔が空き、そこからマーフォークたちが登場したことで事情が一変。「主席議長」を名乗る指導者ゼガーナは新たなシミックのギルド指導者に就くことを宣言した。彼女がアゾール公会広場において行なった演説は、後に「水深の布告」として知られることになる。

[編集] ギルド用語

[編集] ノヴィジェン

旧シミックの本拠地。浮遊島の上に建設されており、そこから周囲に渡って生命維持コードと思われる無数の蔓が延びている。ここでは混血生物の開発や研究が進められている。

[編集] ザーメク

新シミックの本拠地。地表のすぐ下に作られた巨大な議場。厳しさを主張する装飾もなければ、華やかに飾られた雰囲気もなく、また特別な研究施設などもない。会議や面会を行なうためのテーブルと演壇とがあるだけであるが、空の光が差し込むように設計されており、議場全体が水中にいるような乳白色の光に包まれる様はとても幻想的である。

[編集] ゾノット

ラヴニカの都市部各所に突如登場した、太古の海にまで通じる深い縦穴。単なる孔ではなく、壁面は住居として使えるように整備されており、「逆さまに立った巨大な塔」と形容されることもある。水棲生物たちの地表での活動拠点となっており、そのため地上で生活する他のシミック構成員たちも自然とゾノット周辺に集まっている。各ゾノットごとに異なる種族が入植する傾向があり、シミックに派閥や閉鎖性が生じる遠因にもなっている。

ほとんどのゾノットは閉鎖的であるが、例外もある。ザーメクがある第七ゾノットは中心地であると同時に他ギルドや一般市民との窓口でもあり、活気に溢れており人口も多い。第五ゾノットは観光地として人気で、螺旋の階段を使って海面まで降りることができ、市民たちはそこで海を眺めたり泳いだりできる。

各ゾノットごとに「言論者(議長)/Speaker」という代表者を選出し、それらが集まって「言論室/Speakers' Chamber」という組織を構成している。新シミックの活動方針はすべてこの言論室の合議制で決められており、ゼガーナはあくまでその代弁者であるという。しかし他のギルドの面々は、言論室などという組織は存在しないか形式的なものにすぎず、実体はゼガーナの独裁制なのではないかと疑っている。

[編集] ジェゼル

ラヴニカの某所にある、天然の盆地に広がる浅く広い湖。「湖水地区」とも呼ばれる。新シミックの閉鎖性を危惧した一派が集団移住した。

[編集] 太古の海

都市の拡大により埋め尽くされ、数千年もの年月が経ち、もはやその存在を知る者は誰もいなくなっていた海。マーフォークやその他さまざまな水棲生物たちと共に再び表舞台に返り咲いた。

[編集] マーフォーク

ラヴニカのマーフォークたちは、その故郷である「海」が持つ二面性を自分たちの精神文化に取り込んでいる。ひとつは「固着」、すなわち海草などが流されないよう岩に体をしっかりと固定する様のように、自分たちの伝統や初志を忘れないという保守性。もうひとつは「湧出」、すなわち海水が循環することで海全体の生命サイクルを構成するように、自分たちの学んだ知識などを実践へと移す発展主義である。

ゼガーナはかの有名な「水深の布告」の中で固着の原理を強調し、かつてのシミックのような暴走に至ることを強く否定したものの、一部のマーフォークや旧シミック研究員の中には湧出の原理に従った暴走気味の傾向も見え始めている。

[編集] ゲームでの特徴


Experiment Kraj / クラージ実験体 (2)(緑)(緑)(青)(青)
伝説のクリーチャー — ウーズ(Ooze) ミュータント(Mutant)

クラージ実験体は、その上に+1/+1カウンターが置かれている他の各クリーチャーの全ての起動型能力を持つ。
(T):クリーチャー1体を対象とし、その上に+1/+1カウンターを1個置く。

4/6


Prime Speaker Zegana / 首席議長ゼガーナ (2)(緑)(緑)(青)(青)
伝説のクリーチャー — マーフォーク(Merfolk) ウィザード(Wizard)

首席議長ゼガーナは+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出る。Xは、あなたがコントロールする他のクリーチャーの中の最大のパワーである。
首席議長ゼガーナが戦場に出たとき、これのパワーに等しい枚数のカードを引く。

1/1

生命の改良や進化を+1/+1カウンターで表しており、その扱いに長けたギルド。単純にP/Tを上昇させるだけでなく、再生飛行などの能力を付加したり、+1/+1カウンターを利用したギミックを持つカードも多い。

固有のキーワード能力としてラヴニカ・ブロックでは移植を、ラヴニカへの回帰ブロックでは進化を有する。

[編集] 関連カード・関連デッキ

[編集] ラヴニカ・ブロック

[編集] ラヴニカへの回帰ブロック

[編集] 参考

QR Code.gif