ラル・ザレック/Ral Zarek (ストーリー)

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ラル・ザレック/Ral Zarekラヴニカへの回帰ブロックのキャラクター。初登場はコンピューターゲームMagic: The Gathering - Duels of the Planeswalkers 2012」。ドラゴンの迷路ラル・ザレック/Ral Zarekでカード化された。

目次

[編集] 解説

ラヴニカ/Ravnica出身の人間男性のプレインズウォーカー/Planeswalkerイラスト

イゼット団/The Izzetギルド魔道士。しかし、彼は自分がプレインズウォーカーであることをギルドマスターのニヴ=ミゼット/Niv-Mizzetにすら隠していた[1]。 彼はマナに列しており、そのパワーは嵐に伴う風、水、雷などによって増幅される。危険を好む大胆不敵なその性分の代償に、彼は何度も命を落としかけた。聡明であるが野心が高く、実験の遂行のためならば助手たちの命をも顧みない。己の才能に対する非常に強い自負と自己顕示欲を持ち、周囲から過小評価を受けていると感じて激しい欲求不満を抱いている。

  • ブロック小説「The Secretist」やその著者であるクリエイティブチームのDoug Beyerによると、ラルは一つの次元/Planeに縛られているニヴ=ミゼットのことを侮りつつも自分の才能を認めてもらいたいと思っており、ニヴ=ミゼットの注目を受けるジェイス・ベレレン/Jace Belerenに嫉妬し敵意を向けている様子。[2]
  • 初出のゲーム、「Duels of the Planeswalkers 2012」によると「イゼット団」と紹介されているが、当時の時系列ではギルド/Guild体制が崩壊していたということなのか、今後ギルドを離れるのかは現時点では不明。

[編集] 経歴

[編集] ラヴニカへの回帰ブロック、The Secretist

ラル・ザレックはイゼット団の狂気じみた独創性に強く惹かれていた。雪や嵐を操る魔法の研究に打ち込み、その才能と恐れを知らぬ果敢な性格によって彼はギルドの出世街道を猛進した。プレインズウォーカーの灯に目覚めてからのラルは故郷の次元/Planeに縛られることはなかったが、それでも彼はギルド体制が復興した時にはラヴニカへと戻りギルドのために献身した。

彼の働きと才能を認めたニヴ=ミゼットは、彼を重要な研究対象である暗黙の迷路/The Implicit Mazeの調査責任者に任命し、ラルと研究チームはその後の迷路の謎を解明する計画においてのイゼット団の優位性を大いに得た。しかしニヴ=ミゼットは調査途中で彼を呼び出し、ニヴ=ミゼットの精神から迷路の秘密を盗み出した精神魔道士を探すように命じた。そして実際に迷路の謎を追う代表となる迷路走者にラルではなく、その目的のために創りだした奇魔メーレク/Melekを選んだ。己こそ代表に相応しいと自負していたラルは大いに憤慨し、命じられた迷路レースの準備をこなしつつも虎視眈々と成り変わる機会を伺うことにした。

そして迷路競争開催当日、憤り激しいラルは開始直前にメーレクを殺害し、自らがイゼット団の迷路走者であることを高らかに宣言した。彼の目的は、迷路の賞品である大いなる力を手に入れニヴ=ミゼットを含む全ての者に己の価値を認めさせることだった。

ラルはイゼット門付近で件の精神魔導師…ジェイスを待ち受け、互いにプレインズウォーカーであることを知る。ラヴニカとイゼット団のためにも争わずに道を開けるようにジェイスに諭されるものの、同じプレインズウォーカーの存在は脅威であり取り除かねばならないとして一蹴した。そして後から現れたイマーラ・タンドリス/Emmara Tandrisの前でジェイスの本性――この世界の者ではないことを間接的に暴き、彼女へとジェイスが真実を告白するように仕向けた。ジェイスに長年偽られていたことを知ったイマーラが去った後、ラルとジェイスは交戦状態になる。しかしラルにとって想定外なのは、全ての迷路走者に迷路を走破させる必要のあったジェイスは、イゼット代表である彼を殺すつもりはないということだった。ラルは途中で入れ替わった幻影に気づかずジェイスを取り逃がしてしまった。

ラルは迷路の終着点、アゾール公会広場/Forum of Azorに最初に到着したが、そこでは何も起こらなかった。やがて集まった全ての迷路走者たちは、迷路の賞を求めてジェイスの制止に耳を貸さずに争い始めた。しかしそれはラザーヴ/Lazavによる煽動であった。このまま争いが続けば、アゾール/Azorが最終手段として残した至高の評決/Supreme Verdictが下され第10地区は消滅する…ジェイスは自らの精神感応能力を使って走者全ての精神を互いに接続し、彼らの信念・知識・見聞を共有させた。

全てのギルド走者の間に協調がもたらされたことにより評決は回避された。広場にはニヴ=ミゼットが現れてギルドパクト/Guildpactの復活を宣言した……これこそが迷路の賞品であった。ニヴ=ミゼットは演壇に立つジェイスと何事かを確認するかのような問答を交わし、飛び去っていった。一体何が起こったのかいまいち理解できずに訝しむラルに、アゾリウス代表のラヴィニア/Laviniaが囁いた。

がギルドパクトよ(He is the Guildpact,)」

[編集] ギルドパクトの復活

ジェイスがギルドパクトとしてギルドを調停する力を得るという結果は、ラルには到底我慢ならなかった。彼はイゼット団による支配という輝かしい勝利を得るために、ニヴ=ミゼットが優位を得る方法とジェイスを失脚させる計画を模索している。

[編集] 電光虫プロジェクト/Project Lightning Bug

ニヴ=ミゼットはジェイスの時折の不可解な消失を感づいていた。侍従のメイリーはそれ詳細調査する必要を説いて「電光虫計画」を発案し、その主席調査員としてラルが任命される。ジェイスの正体を知っているラルは、既にその消失が次元渡りを意味することを知っていた。己がプレインズウォーカーであることを隠していたラルにとって、ニヴ=ミゼットがその真実を知ることは破滅を意味していた。ニヴ=ミゼットは恐らく好奇心のままにラヴニカにいる全てのプレインズウォーカーを解剖するか、その自尊心が己を越えた存在に耐え切れずに食べてしまうだろう。

ラルはジェイスを徹底追跡しながらも、結果報告を先延ばしにしていた。しかし、ボロス軍に定期的に接触する謎のプレインズウォーカーの存在がラルを悩ませていた。その人物は毎日夕刻の同時刻にラヴニカに出現してはいずこかへと去っていく。ラルはその追跡を打ち切ったものの、その規則性はいずれはイゼットに、そしてニヴ=ミゼットにプレインズウォーカーの真実を暴露することとなるだろう。ニヴ=ミゼットの追及やメイリーの介入に急かされ、追い詰められたラルはついにジェイスに協力を求めた。その中で、ラルとジェイスはお互いの過去やラヴニカに対する心情を語り合い、理解を深め合った。ジェイスは幻影と次元渡りを駆使して調査結果を混乱させ、ニヴ=ミゼットに電光虫計画が失敗であることを納得させた。

[編集] かの闘技場にて/In This Very Arena

その日、ラルは密かに手に入れた情報を伝えるためにジェイスをラクドスの肉儀場/Rakdos Carnariumへと呼び出した。挨拶代わりにギルドパクトに対する罵詈雑言を込めた思考を読み取らせつつも、思考のやり取りの中で、電光虫計画は公式には中止になったものの未だにラヴニカ内でのプレインズウォークを探知し続けていること、その結果をニヴ=ミゼットとイゼット団に隠し続けていることを明かす。その上で、ジェイスに恨みを持つヴラスカ/Vraskaがラヴニカを離れ、『まるで虚空へ渡ったように』その行先が不明であることを告げた。その情報はジェイスにとって知りたい事で、ラルもそう考えたから呼び出したのだという。

ラルはジェイスがゼンディカー/Zendikarイニストラード/Innistradへと旅立っていたことも把握しており、ジェイスがそれらについてを話そうとするとラルは席を立つ。話を聞いて欲しくてジェイスはそれを追いかける。劇場の外に出たラルは、ジェイスの正体は誰にも明かさないことを改めて告げ、多くの者の羨望と嫉妬を集めるギルドパクトの地位に立つジェイスに、ラヴニカにいる間に何をすべきかを考えるように促した。

そのとき2人の前に、カラデシュ/Kaladeshにいるはずのリリアナ・ヴェス/Liliana Vessが現れる。(経緯はHomesick/郷愁を参照)リリアナはラルを一瞥だけして、ジェイスに対しテゼレット/Tezzeretが生きていたことを告げ、ギデオンを連れてカラデシュに来るように要請する。唐突なことに驚いて反応できないジェイスをよそに、リリアナは人目に付く街路の只中で、カラデシュへとプレインズウォークして行った。ラルはリリアナを知らなかったが、彼女のただならぬ様子と言い訳できない状況にただ肩をすくめるばかりのジェイスを見て、彼女の要請に従うことを勧めて立ち去った。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

ギルド門侵犯
誘導稲妻/Homing Lightning湿った墓/Watery Grave
ドラゴンの迷路
天才の煽り/Blast of Genius

[編集] イラストに登場

イゼットvsゴルガリ
予言の稲妻/Prophetic Bolt
ギルド門侵犯
誘導稲妻/Homing Lightning
ドラゴンの迷路
天才の煽り/Blast of Genius

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 脚注

  1. RETURN TO RAVNICA Player's Guide、Return to Ravnica: The Secretist, Part One
  2. A Voice for Vorthos

[編集] 参考

QR Code.gif