サイクロプス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

サイクロプス/Cyclopsは、単眼の巨人族を指すクリーチャー・タイプ。ファンタジー世界では定番のモンスターだが、意外なことにマジック世界では少数種族。


Tar Pit Warrior / タール坑の戦士 (2)(黒)
クリーチャー — サイクロプス(Cyclops) 戦士(Warrior)

タール坑の戦士が呪文や能力の対象になったとき、これを生け贄に捧げる。

3/4


Borborygmos / 腹音鳴らし (3)(赤)(赤)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — サイクロプス(Cyclops)

トランプル
腹音鳴らしがプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたがコントロールする各クリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個置く。

6/7


Polis Crusher / 都市国家の破壊者 (2)(赤)(緑)
クリーチャー — サイクロプス(Cyclops)

トランプル、プロテクション(エンチャント)
(4)(赤)(緑):怪物化3を行う。(このクリーチャーが怪物的でない場合、これの上に+1/+1カウンターを3個置く。これは怪物的になる。)
都市国家の破壊者がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、都市国家の破壊者が怪物的である場合、そのプレイヤーがコントロールするエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。

4/4

初出はミラージュ・ブロック。だがウルザズ・デスティニーに登場した血まなこのサイクロプス/Bloodshot Cyclops巨人であり、その後1997年7月のオラクル更新でミラージュブロックのサイクロプス達も巨人に改定され、サイクロプスは絶滅してしまう。その後、ギルドパクトにてグルール一族の頭目たる腹音鳴らし/Borborygmosが登場して復活。さらに、同時期に行われたビジョンズのカードのオラクル変更で2体がサイクロプスに戻り、その後も少しずつ増えている。

かそれを含む多色、あるいはに存在する。

攻撃に関する能力を持つものが多く、パワー3を下回るものはニヴィックスのサイクロプス/Nivix Cyclopsおよび奇矯なサイクロプス/Erratic Cyclopsの2枚のみ。それらも自身のパワーを上げる誘発型能力を持つため、「攻撃的で前のめり」が全サイクロプスに共通した特徴と言えるだろう。

対策カードとして目抉り/Eye Gougeが存在する。

伝説のサイクロプスはバトルボンド現在、腹音鳴らし/Borborygmos怒れる腹音鳴らし/Borborygmos Enraged混沌の目、オカウン/Okaun, Eye of Chaosの3体。

  • サイクロプス(キュクロープス)は、ギリシア神話が出典。神の子であるが醜さのために冥府に幽閉されており、後のゼウスの簒奪の際に開放され、その鍛冶の腕を存分に振るった。しかし、後世の作品ではただの怪物として描かれているものがほとんどで、ゲームに登場するのもこちら。

[編集] 参考

QR Code.gif