ルーリク・サー/Ruric Thar

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ルーリク・サー/Ruric Tharラヴニカへの回帰ブロックおよびラヴニカの献身のキャラクター。カードとしてはドラゴンの迷路自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowedが初出。

目次

[編集] 解説

ラヴニカ/Ravnicaギルド/Guildの一つ、グルール一族/The Gruul Clansゴーア族/Ghor clanの族長を務めるオーガ。男性。一つの身体に二つの頭を持ち、右頭がルーリク/Ruric、左頭がサー/Tharを名乗る(イラスト)。

その野蛮な残忍さでゴーア族を統べるルーリク・サーは、腹音鳴らし/Borborygmosに対峙して生きて帰ったグルール唯一の戦士であると自称している。曰く、その戦いで片方の頭は醜く歪んでしまったのだと。彼はゴーア族の無秩序な襲撃による騒々しく血の噴き出す音で、彼が言うところの「敷石ゴキブリ」たちを怖がらせるのを好む。

[編集] 経歴

[編集] The Secretist, Part One

ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzetの精神を覗いて暗黙の迷路/The Implicit Mazeの秘密を知ったが、そのことをミゼットに気づかれてしまったジェイス/Jaceは、すべての記録と記憶を消去することを決断する。彼は雇ったルーリク・サーに研究室を破壊させ、自らの記憶も消したが、折悪くその場にラヴィニア/Laviniaたちが現れ、ジェイスを逮捕しようとした。だが彼女たちにルーリク・サーが攻撃を仕掛け、その隙にジェイスは逃げることができた。

[編集] The Secretist, Part Two

自分と精神的に接触したルーリク・サーには、消去する前の記憶が混入している可能性がある――そう考えたジェイスは双頭のオーガと再会し、記憶を読ませてほしいと頼んだが、その権利は決闘で勝ち取らなければならないと告げられた。精神魔法を反射するルーリク・サーに対し、ジェイスは周囲のグルール戦士たちの精神から戦闘技術を借りることで、見事勝利を収めた。熱狂と暴力で形作られた精神の奥底に、ジェイスは自身の記憶を見つけた。

だが彼らの前に、ジェイスを追うイクサヴァ/Exava率いるラクドス教団/The Cult of Rakdosの軍勢が現れた。ルーリク・サーはジェイスに、自分たちが相手をしているうちに逃げるよう言った。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

ギルド門侵犯
力の噴出/Burst of Strengthグルールの憤怒獣/Gruul Ragebeast
ドラゴンの迷路
障害排除/Clear a Path
ラヴニカの献身
騒がしいシャーマン/Clamor Shaman摩損/Defaceグルールのギルド門/Gruul Guildgateコレクター番号250)

[編集] イラストに登場

ドラゴンの迷路
障害排除/Clear a Path(影)

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif
データベース・エラー - MTG Wiki

データベース・エラー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
データベースクエリの構文エラーが発生しました。 ソフトウェアにバグがある可能性があります。 最後に実行を試みたクエリは次の通りです: 関数「SiteStatsUpdate::doUpdate」内
(SQLクエリ非表示)
。 データベースの返したエラー「1205:Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction (10.12.2.8)
QR Code.gif